1. TOP
  2. 宝塚音楽学校
  3. 6月 宝塚音楽学校生の前期中間試験(本科)と舞踊会(発表会)

6月 宝塚音楽学校生の前期中間試験(本科)と舞踊会(発表会)

 2017/09/21 宝塚音楽学校
この記事は約 4 分で読めます。 763 Views
Sponsored Link

前期中間試験について

 

宝塚音楽学校に入ってから何度か試験があります。

 

こちらの試験の結果で成績が決まります。(当たり前ですね!)

 

舞踊会について

 

6月の試験では、(今もあるのかよくわからないのですが、私がいた当時は)舞踊会という発表会があり、舞踊会の配役が決まる重要な試験であったような記憶があります。

 

こちらの発表会は、宝塚歌劇団の舞台に立つために日々レッスンをした努力の結果を披露する場となっておりますので、毎日のレッスンに加えてさらに練習を重ねます。

 

当時はプロになる前でしたので、私は練習が楽しくて仕方ありませんでした。

 

振付家の先生は、宝塚歌劇団の振り付けも担当されている羽山紀代美先生を初めとする錚々たる先生方、ブロードウェイの舞台をご経験されたジム先生という先生もいらっしゃり、本当に恵まれた環境下での発表会でした。

 

この舞踊会では、舞踊ということで宝塚音楽学校にてレッスンしているジャンルである、タップダンス・モダンダンス・バレエ・ジャズダンスなどの様々なジャンルの踊りを披露する場となっております。

 

バレエですが、こちら本格的なバレエとなっておりまして、女役の方がトウシューズを履いて踊るのはなんとなくわかるのですが、男役もトウシューズを履いて踊ります。(トウシューズとはつま先で立つためのバレエ用靴です。なんとなく想像つきますでしょうか?)

 

高身長の男役出会った場合に、さらに高くなるということですから迫力がありますね!

 

宝ジェンヌはトウシューズを履いて踊った経験があるということですね!

 

このようにいろんなジャンルの踊りの練習をすることで、宝塚歌劇団に入団した際も他の様々なジャンルの踊りを踊ることができるのかもしれません。

 

舞踊会を支える予科生について

 

このような行事の主な主役は本科生という音楽学校に入って2年目の生徒になるのですが、1年目の予科生はこのような行事を陰ながら支えています。

 

本科生が全員で踊る際に曲をかけるお手伝いですとか色々です。それぞれお手伝いの分担も決められて、決められたお手伝い中心にお手伝いいたします。

 

実は、こちらの発表会、予科生は本科生の踊りを拝見し、凄〜い!!とファンになってしまうこともあります。私のお掃除分担の柚希礼音さんは当時から人気がありました。

 

予科生はファンモードで見学をしているだけではありません、お手伝いをすることで来年は自分が出演する番だと自覚いたします。

 

舞踊会でのエピソード

 

ここで少しエピソードをお話しいたしますと、柚希さんは舞踊会前に足を怪我してしまいました・・・。確かアキレス腱損傷だった記憶があります。

 

普通の人は、アキレス腱損傷をすると踊りを踊るどころか歩けない・・・となるそうです。しかし、舞踊会への影響は全くありませんでした。

 

さらに驚くことにトウシューズを履いて踊られていました。風のうわさによるところでは筋肉がカバーをしてくれていたというようなうわさを聞いた気が致します。

 

凄すぎる!!!驚きのエピソードでした。

 

こちらの舞踊会を披露する場所は宝塚音楽学校の講堂で、見学者は主に音楽学校生の両親でした。

 

両親の他にも凄くレアではありますがファンの方も見学にいらっしゃいます。

 

ここでも、将来スターになるかもしれない生徒に見つけてファンになられる方もいらっしゃいます。

 

私も何通かお手紙を頂きましたし、こちらで見つけていただき応援してくださったファンの方で、私が卒業するまでずっと応援してくださった方もいらっしゃいます。

 

私は宝塚歌劇団の在団期間が10年でしたのでとても長い月日を応援してくださったことに感謝しています。

 

このように、宝塚音楽学校に入学しないとなかなかわからない世界があるのですね。

 

私は踊ることが好きでしたのでただ楽しんで自分なりのニュアンスで踊っていたのですが、この頃から舞台を意識して見せ方などを研究していた生徒もいたのかもしれません。

 

宝塚音楽学校の舞踊会についてお伝えいたしました。

 

→宝塚音楽学校の7月へ続く

Sponsored Link

\ SNSでシェアしよう! /

軽井沢ジェンヌ 中沢恵璃香 宝塚歌劇団出身:谷みずせの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

軽井沢ジェンヌ 中沢恵璃香 宝塚歌劇団出身:谷みずせの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!
Sponsored Link

ライター紹介 ライター一覧

中沢恵璃香 軽井沢ジェンヌ 芸名:谷みずせ

中沢恵璃香

4歳から小島恵美子バレエ教室にてバレエを始める。

小学校3年生から、KIEミュージカルスクールにて、バレエ・ジャズダンス・声楽・日舞・演劇等を学び始める。

2018年4月 宝塚音楽学校入学

2000年3月〜2009 年5月 宝塚歌劇団出身 谷みずせ (男役)

その後の活動

司会・トークショウ・モデル・ディナーショー(構成・演出)・ラジオパーソナリティ・企業研修他

2014年6月〜2016年5月SBC信越放送 3時は!ららら 「温泉ジェンヌ」 レギュラー出演

講師

2010年 バレエ・シアターダンス

2011年 YOGA

2011年 全米YOGAアライアンス 取得

2012年 YOGAバレエ(独自で考え提案)

2016年度卒業 早稲田大学院(臨床心理学 専門は行動分析学・認知行動療法)

12月 パフォーマンス・エンハスメント・コーチ開始

〜コチーングを受けた人の感想〜

・話を聞いてもらい心がすっきりしました。「がんばる」という言葉があまり良くないということ、楽しんでやっていけることを見つけて自分で取り組んでいくことが大事だと気づきました。次会うときまでに結果を出せるように楽しみながら取り組んでいきます。ありがとうございました。

・今日もありがとう。コーチングのイメージが全然違ってとても入りやすかった!自分がやりたかったことは明確になったけどストレスが全くないのはえりかちゃんのトークか?もっていき方?だと思った。本当に負担を感じず受けることができました。

・接しやすのでなんでも話せる所が最高に良かった。

・隣にいるだけでポジティブなマインドに何か引っ張られている気になる。

・何より楽しい時間になった。楽しい時間にしてくれた?

・会話の中に自分が考えることのない考え方がいくつもあって、発見!?気づきをもらえた。

・えりかさんのコーチングを受けて自分の心の持ちようが変わっていくのを感じました。また、自分の悩みの小ささを実感したことで「こんなことぐらいで・・・」という思いが強く生まれました。前を向いて、心に正直にやるべきことをやっていく、そういった気持ちをもらえました。できなかったことを考えるのではなく、できたことを積み重ねて、自分が決めたゴールに向かっていきます。今日から1、2ヶ月後が楽しみです。本当にありがとうございました。

〜お問い合わせはこちらから〜
LINEのID : @nqr7905r

この人が書いた記事  記事一覧

  • 元宝ジェンヌ主催 港区で楽しい週末 大人の社交パーティー

  • 天皇皇后両陛下 軽井沢にて

  • 元宝ジェンヌの夢を叶える美容マインド!!

  • セルフコーチングとは?コーチが解説するビジネスや恋愛が結果的に上手くいく方法

関連記事

  • 宝塚音楽学校生の9月 前期期末試験(本科) 秋の音楽会へ向けて!

  • 宝塚音楽学校生の7月 修学旅行(本科)北海道 学年旅行(予科)天橋立

  • 宝塚音楽学校について

  • 宝塚音楽学校の生徒 1月 卒業試験(本科)化粧講習(本科)

  • 宝塚音楽学校生の5月 すみれ募金

  • 中沢恵璃香(芸名:谷みずせ)の宝塚歌劇団の舞台との出会い