1. TOP
  2. 海外旅行
  3. 年末年始のウィーン旅行 Vienna 1 おさえておきたいカフェ モーツアルトのお墓 生誕250周年 「ロミオとジュリエット」ミュージカル 鑑賞 ウィーン・フィル・ハーモニー ニューイヤーコンサート

年末年始のウィーン旅行 Vienna 1 おさえておきたいカフェ モーツアルトのお墓 生誕250周年 「ロミオとジュリエット」ミュージカル 鑑賞 ウィーン・フィル・ハーモニー ニューイヤーコンサート

 2018/01/05 海外旅行
この記事は約 8 分で読めます。 105 Views
Sponsored Link

急遽決まった旅行

 

このウィーン旅行は急遽決めていった旅行になります。

 

宝塚の公演のお稽古中でした。

 

年末年始にお休みはないと思っておりましたので予定は入れておりませんでした。

 

ところが、年末年始はお稽古がお休みになることが分かりました。

 

その日の夜に次の日の飛行機と宿泊場所を予約しました。

 

年末年始で、出発直前でよく航空券が取れたなぁと思いましたが予約出来て嬉しかったことを覚えています。

 

ご一緒したのは雪組で同期生の緒月遠麻でした。

 

もちろん最高に楽しい旅行になりました。

 

 

旅行の目的について

 

この時にお稽古していた演目は「ベルサイユのバラ」でした。

 

ヨーロッパの雰囲気を勉強しに行こうということになりました。

 

宮殿を観ることや本物を知っているということは演技をするうえでも絶対に良い!!

 

年末年始は、市庁舎の周辺でワルツを踊るということで、宝塚でも基本中の基本であるワルツも踊ってこよう!!

 

そして、モーツアルト生誕250周年ということもあり、歌が上手くなるようにお墓にも行ってみようということでいざ出発!!

 

 

ウィーン到着!!からホテル

 

ウィーンの空港に到着したのは夜。タクシーで移動だったのですがちょっとどきどきながらホテルに到着しました。

 

チェックインも英語しか手段がないのですが・・・急な予約でしたので予約情報がホテルの方に届いていなかったみたいでしばらくチェックインが出来ませんでした。

 

予約票はいらないかなと思っていたのですが、意外にも大事だなぁと感じていました。

 

持ってきてよかった。

 

私たちが宿泊したホテルの名前は「メルキュール」ホテル。

 

可愛いちいさなおしゃれなホテルです。

 

この当時、海外ホテルといえば「メルュキュール」とファンになっていたホテルの1つでもあります。

 

朝食会場もおしゃれで、毎日ビッフェを頂いてから観光をするのが観光中の日課になっていました。

 

色んな国にあるホテルで、シティホテルのイメージですがお勧めのホテルです。

 

 

おさえておきたいカフェとチョコレート

 

はじめに、ウィーンといえば“ザッハトルテ”ということでとりあえず“ザッハトルテ”でお茶をしながら観光場所をどう巡るかのお話を致しました。

 

“ザッハトルテ”は簡単にお伝えすると、昔から愛されているチョコレートケーキです。

 

「カフェ・ザッハー」は、“ザッハトルテ”のオリジナルの称号を得た1号店ということで有名です。

 

これが、ヨーロッパで愛されているお菓子かぁ・・・歴史を感じながら頂きました。

 

Café Sacher(カフェ・ザッハー)

https://www.sacher.com/  営業時間:8:00 ~ 24:00

 

つぎに、私の大好きなチョコレートのお店で、ハプスブルク家御用達のお店にも絶対行きたいということで「デメル」というお店にも行ってきました。

 

猫が舌を出しているかと思いきや、猫がチョコレートを食べているあのパッケージです。

 

日本には銀座店がありますが・・

 

ネットで検索してみましたら、今ではどこでもあるお店になっているようです。笑

 

お土産も「DEMEL」の“ザッハトルテ”を買って帰りました。

 

本場の老舗ウィーンの「DEMEL」のお店の雰囲気は上品で可愛い素敵なお店です。

 

DEMEL(デメル)

https://www.demel.com/de  営業時間:8:00 ~ 19:00

 

さいごに、「カフェ・モーツアルト」

 

生誕250年の記念の年ということでもあり、お店は非常に盛り上がっていました。

 

確かカフェを利用するお客さんが沢山並んでいたので、ショーケースを見てお買い物をして帰ってきたような記憶があります。

 

お店の外観はモーツアルトのおじさまの雰囲気に合うような素敵なお店で、ウィーンで生活していたのだなぁと不思議に思ったのを思いだしました。

 

Café Mozart(カフェ・モーツアルト)

http://www.cafe-mozart.at/de/cafe-mozart.html  営業時間:8:00 ~ 24:00

 

このように素敵なカフェが沢山あるウィーンですが、この3店舗は凄く有名ですし、店内の雰囲気も女性は凄く好きではないかなぁと思いますのでお勧めいたします。

 

モーツアルトの生誕250周年 モーツアルトのお墓

 

Wine St. Marx 駅から徒歩10分程にあるモーツアルトのお墓に行ってきました。

 

モーツアルトのお墓は、音楽家がより上手くなるようにと訪れる知る人ぞ知る名所です。

 

そんな音楽家の名所に行ってきたのは理由がありました。

 

緒月と2人で「歌がもっと上手くなりたいね・・・」とそんな理由でした。

 

私たちが訪れたその日は雪が沢山降っていました。

 

白銀の世界は幻想的で綺麗・・・まるで映画「オペラ座の怪人」のお墓のシーンみたい・・・。

 

お墓なのに凄く綺麗で怖い感じが全くしないのが不思議だったのを覚えています。

 

私の大好きな天使が沢山いて、広々としていて、ヨーロッパのお墓の素晴らしさに感動してしまいました。

 

それもそのはず、こちらのお墓は「ビーダーマイヤー様式」という唯一現存するビーダーマイヤーの墓地です。

 

ビーダーマイヤーはバロックやロココ調のような豪華で繊細なデザインとは違い、直線的で重圧な古代ローマのような雰囲気のアンティーク様式になります。

 

椅子や机の脚などが真っすぐで猫足でないというと伝わりやすいかなと思います。

 

有名な建築物では、ヨーゼフシュタット劇場、リヒテンタール教会の中庭、今回訪問した「サンクト・マルクス墓地」があり、いずれもウィーンにあります。

 

地図の記載通りでしたのでみつけることが出来ました。

 

二人で「歌が上手くなりますように。」とお願いをしてきました。

 

場所 「Friedhof Sankt Marx」(ザンクト・マルクス墓地)

 

音楽家の皆様にお勧めの場所です。

 

 

「ロミオとジュリエット」ミュージカル 鑑賞

 

宝塚の視点からするとウィーンといえばエリザベート、エリザベートといえばウィーンミュージカルでしょうか?

 

海外に来たらミュージカルを観劇したいということで、観劇した作品は「ロミオとジュリエット」

 

後に皆様が来日した際にお会いすることになるとは知らず・・・ただ観劇をしてきました。

 

やはりさすが音楽の都ウィーンなだけあって、非常に聞きやすい音楽と歌声。

 

ピッチもずれないし、勢いでは成り立たない舞台ですので凄いなぁと感動しました。

 

心地良い観劇を求めるには凄くお勧めです。

 

そして、踊りが独特で面白い。

 

どちらかというと、NY・LONDON・FRANCミュージカルを中心に観劇をしておりましたので、振り付けが国によって違うなぁと思っておりました。

 

踊りの振り付けはフランスミュージカルの「ロミオとジュリエット」が一番好きです。

 

後で調べてみると主人公のロミオとジュリエット役の2人は地元ではアイドル的な存在であることが分かりました。

 

当時お付き合いしているとかなんとか・・・リアルな恋愛じゃないですか!!

 

観劇した当時、宝塚歌劇団でもこの作品上演したらいいなぁと思っていました。

 

数年後、緒月はティボルトを演じていました。笑

 

 

ウィーン・フィル・ハーモニー ニューイヤーコンサートについて

 

当時、「ウィーン・フィル・ハーモニー」のニューイヤーコンサートを鑑賞できたらいいなぁと気軽な感じで観賞しようとしておりました。

 

チケットセンターに行っても、窓口に行ってもチケットが見当たらない・・。

 

それもそのはず、チケットは30万人の応募の中から抽選で選ばれた人しか鑑賞できないことを後で知りました。

 

当日の立見席も2時間前から並んでチケットを購入しなければ鑑賞できないとのことでした。

 

次回、年末年始に行く際にはチケットの応募をしてから行くのが良いかなと思いました。

 

今年も年始に少しTVで見たのですが凄く素敵な空間で、国立であることが素敵だぁって思いました。

 

ヨーロッパの歴史は芸術とともにあることが伝わってきます。

 

本物を愛するって素晴らしいですね。

 

→ハプスブルク家などの観光へ続く

Sponsored Link

\ SNSでシェアしよう! /

軽井沢ジェンヌ 中沢恵璃香 宝塚歌劇団出身:谷みずせの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

軽井沢ジェンヌ 中沢恵璃香 宝塚歌劇団出身:谷みずせの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!
Sponsored Link

ライター紹介 ライター一覧

中沢恵璃香 軽井沢ジェンヌ 芸名:谷みずせ

中沢恵璃香

4歳から小島恵美子バレエ教室にてバレエを始める。

小学校3年生から、KIEミュージカルスクールにて、バレエ・ジャズダンス・声楽・日舞・演劇等を学び始める。

2018年4月 宝塚音楽学校入学

2000年3月〜2009 年5月 宝塚歌劇団出身 谷みずせ (男役)

その後の活動

司会・トークショウ・モデル・ディナーショー(構成・演出)・ラジオパーソナリティ・企業研修他

2014年6月〜2016年5月SBC信越放送 3時は!ららら 「温泉ジェンヌ」 レギュラー出演

講師

2010年 バレエ・シアターダンス

2011年 YOGA

2011年 全米YOGAアライアンス 取得

2012年 YOGAバレエ(独自で考え提案)

2016年度卒業 早稲田大学院(臨床心理学 専門は行動分析学・認知行動療法)

12月 パフォーマンス・エンハスメント・コーチ開始

〜コチーングを受けた人の感想〜

・話を聞いてもらい心がすっきりしました。「がんばる」という言葉があまり良くないということ、楽しんでやっていけることを見つけて自分で取り組んでいくことが大事だと気づきました。次会うときまでに結果を出せるように楽しみながら取り組んでいきます。ありがとうございました。

・今日もありがとう。コーチングのイメージが全然違ってとても入りやすかった!自分がやりたかったことは明確になったけどストレスが全くないのはえりかちゃんのトークか?もっていき方?だと思った。本当に負担を感じず受けることができました。

・接しやすのでなんでも話せる所が最高に良かった。

・隣にいるだけでポジティブなマインドに何か引っ張られている気になる。

・何より楽しい時間になった。楽しい時間にしてくれた?

・会話の中に自分が考えることのない考え方がいくつもあって、発見!?気づきをもらえた。

・えりかさんのコーチングを受けて自分の心の持ちようが変わっていくのを感じました。また、自分の悩みの小ささを実感したことで「こんなことぐらいで・・・」という思いが強く生まれました。前を向いて、心に正直にやるべきことをやっていく、そういった気持ちをもらえました。できなかったことを考えるのではなく、できたことを積み重ねて、自分が決めたゴールに向かっていきます。今日から1、2ヶ月後が楽しみです。本当にありがとうございました。

〜お問い合わせはこちらから〜
LINEのID : @nqr7905r

この人が書いた記事  記事一覧

  • 日本語の勉強・単語(にほんごのべんきょう・たんご) ~ Japanese language 2

  • 自分を変えられるのは自分 恋愛も仕事も上手くいく10の方法 Erika’s mind

  • 変われない自分にさようなら!変わりたい方の自己実現への第一歩 マインドフルネスの視点から Erika’s mind

  • 元宝ジェンヌ主催  上質な港区のパーティー 「素敵な男女の集まる会」

関連記事

  • フランス・パリとイギリス・ロンドン 牡蠣で食中毒? Tower of London セント ポール大聖堂 ベイカーストリート シャーロックホームズ フィッシュアンドチップス 

  • 初めての海外旅行 NY(ニューヨーク)*NSYNC(インシンク)BDC(ブロードウェイ ダンス センター)ブロードウェイミュージカル観劇 

  • 年末年始のウィーン旅行 Vienna 2 シェーンブルン宮殿 ベルヴェデーレ宮殿 グスタフ・クリムト シシィ博物館(エリザベート) 宮廷銀器コレクション St. Stephen’s Cathedral (シュテファン大聖堂)

  • ハワイ留学した軽井沢ジェンヌがお伝えするハワイの観光スポット ワイキキ ハワイ行きの飛行機 ハワイの観光 ホノルルといえばワイキキ Waikiki Aquarium (ホノルルのワイキキ水族館)  ホノルルでサーフィン

  • 宝塚歌劇団の雪組同期生と海外旅行 グアム

  • バルセロナ ガウディの街