1. TOP
  2. 宝塚音楽学校
  3. 宝塚音楽学校生の9月 前期期末試験(本科) 秋の音楽会へ向けて!

宝塚音楽学校生の9月 前期期末試験(本科) 秋の音楽会へ向けて!

 2017/09/22 宝塚音楽学校
この記事は約 4 分で読めます。 736 Views

前期期末試験(本科)

 

宝塚音楽学校生の9月は前期期末試験(本科)があります。

 

次から次へとイベントがありますね!

 

前期期末試験では11月に行われる秋の音楽会での立ち位置が決まる試験となっており、こちらの試験も気合が入ります。

 

試験は頑張るのですが、みんなが同じレッスンを受けて、授業の前後に自主稽古もするので成績を上げるのはなかなか大変です。

 

私の試験でのエピソードをお話しいたしますと、試験の中の1つに譜面を読む試験があります。

 

譜面を頂いて、音符を30秒ほど眺めて確認をします。

 

そのあと、始めの音を弾いてもらい譜面を音付きで歌っていくような試験内容となっております。

 

幼稚園の頃からピアノを習っておりましたので不得意ではないと思っておりましたが始めの頃はなかなか良い成績が取れませんでした。

 

本人は、こんなものかな?と思っておりました。

 

ところがある日、何気なく歌った譜面の試験で9番という成績が返ってきました。嬉しかったのですが、本人は以前の試験との違いがあまり良く分からず・・・どんなところが良かったのかお聞きしておけば良かったなと思いました。

 

また、夏休み中に日舞が不得意であった私は、日舞のお稽古に行って練習を致しました。ところが・・・レッスンの成果は成績には評価されず成績は下がってしまい・・・宝塚音楽学校のレベルの高さを痛感いたしました。

 

4歳から習っていたはずのバレエの成績も悪く・・・本科生になって時間ができるようになってからは外部レッスンにも通い始めました。

 

お稽古は続く・・・

 

今になって気がついたことがあるのですが、宝塚音楽学校だけでレッスンをしているだけでは皆が同じレッスンを受けているので、それ以上に頑張らないと成績が上がるわけがありませんよね・・・。

 

宝塚音楽学校にも受かりましたし・・・なんとなく自信を持っていたものの、評価が自分の評価とずれていることにショックを受けた私は、気がつくとピアノの練習を頑張っていました。卒業試験は4番でした。

 

しかし、ここで成績の悪かった私は宝塚歌劇団へ行ってもレッスンすることを続けました。

 

これは私たち宝ジェンヌにとっては日常として当たり前のことなのですが、田舎育ちだった私は、まだそこまでの危機感やみんなが陰ながらの努力をしていることに気がつきませんでした。

 

予科生の夏休みでは、バレエのレッスンなどにはいったもの、1週間ほぼ徹夜でFF(ファイナルファンタジー8だったかな?)というロールプレイングのゲームをクリヤいたしました。(^^)V

 

はぁ・・・

 

良い先生についてレッスンすることが重要であると気がつくのにまだ数年かかります。

 

このように、どうすれば成績が上がるのか不明のまま私は自己流の自主練習をしながら、みんなと同じように休日は歌のレッスンやバレエのレッスンなどに通いながら試験に挑む生活しておりました。

 

幸い、私はそれでも踊りが好きでしたので宝塚の舞台で踊ってお仕事になるのであれば安泰!!それ以上の野望はこの当時は全くありませんでしたので、とにかくレッスンを受けて過ごせる毎日が楽しくて仕方がないという感じで過ごしておりました。

 

そんなわけで、宝塚歌劇団に入団後に主演をしたいと希望し、宝塚音楽学校生の頃から目指していた同期などが必死に練習している中、私は宝塚音楽学校生であることに満足をして楽しくレッスンをしながら過ごしていました。

 

今の私であればもっと頑張った方が良いよ!!と色々なアドバイスもできると思うのですが・・・当時の私は頑張り方を知らなかった・・・というのが正直なところでした。

 

しかし、長野県佐久市という田舎から兵庫県の宝塚音楽学校の生徒になりますと、宝塚音楽学校生になれたことですでに夢の第一歩!が実現したわけですから、満足してしまう私の気持ちもお察しください。

 

以上、私の試験エピソードをお伝えいたしました。

→宝塚音楽学校の11月へ続く

Sponsored Link

\ SNSでシェアしよう! /

軽井沢ジェンヌ 中沢恵璃香 宝塚歌劇団出身:谷みずせの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

軽井沢ジェンヌ 中沢恵璃香 宝塚歌劇団出身:谷みずせの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!
Sponsored Link

ライター紹介 ライター一覧

中沢恵璃香 軽井沢ジェンヌ 芸名:谷みずせ

中沢恵璃香

4歳から小島恵美子バレエ教室にてバレエを始める。

小学校3年生から、KIEミュージカルスクールにて、バレエ・ジャズダンス・声楽・日舞・演劇等を学び始める。

2018年4月 宝塚音楽学校入学

2000年3月〜2009 年5月 宝塚歌劇団出身 谷みずせ (男役)

その後の活動

司会・トークショウ・モデル・ディナーショー(構成・演出)・ラジオパーソナリティ・企業研修他

2014年6月〜2016年5月SBC信越放送 3時は!ららら 「温泉ジェンヌ」 レギュラー出演

講師

2010年 バレエ・シアターダンス

2011年 YOGA

2011年 全米YOGAアライアンス 取得

2012年 YOGAバレエ(独自で考え提案)

2016年度卒業 早稲田大学院(臨床心理学 専門は行動分析学・認知行動療法)

12月 パフォーマンス・エンハスメント・コーチ開始

〜コチーングを受けた人の感想〜

・話を聞いてもらい心がすっきりしました。「がんばる」という言葉があまり良くないということ、楽しんでやっていけることを見つけて自分で取り組んでいくことが大事だと気づきました。次会うときまでに結果を出せるように楽しみながら取り組んでいきます。ありがとうございました。

・今日もありがとう。コーチングのイメージが全然違ってとても入りやすかった!自分がやりたかったことは明確になったけどストレスが全くないのはえりかちゃんのトークか?もっていき方?だと思った。本当に負担を感じず受けることができました。

・接しやすのでなんでも話せる所が最高に良かった。

・隣にいるだけでポジティブなマインドに何か引っ張られている気になる。

・何より楽しい時間になった。楽しい時間にしてくれた?

・会話の中に自分が考えることのない考え方がいくつもあって、発見!?気づきをもらえた。

・えりかさんのコーチングを受けて自分の心の持ちようが変わっていくのを感じました。また、自分の悩みの小ささを実感したことで「こんなことぐらいで・・・」という思いが強く生まれました。前を向いて、心に正直にやるべきことをやっていく、そういった気持ちをもらえました。できなかったことを考えるのではなく、できたことを積み重ねて、自分が決めたゴールに向かっていきます。今日から1、2ヶ月後が楽しみです。本当にありがとうございました。

〜お問い合わせはこちらから〜
LINEのID : @nqr7905r

この人が書いた記事  記事一覧

  • 日本語の勉強・単語(にほんごのべんきょう・たんご) ~ Japanese language 2

  • 自分を変えられるのは自分 恋愛も仕事も上手くいく10の方法 Erika’s mind

  • 変われない自分にさようなら!変わりたい方の自己実現への第一歩 マインドフルネスの視点から Erika’s mind

  • 元宝ジェンヌ主催  上質な港区のパーティー 「素敵な男女の集まる会」

関連記事

  • 宝塚音楽学校の生徒 1月 卒業試験(本科)化粧講習(本科)

  • 宝塚音楽学校生の5月 すみれ募金

  • 宝塚歌劇団出身・元タカラジェンヌがお伝えする宝塚音楽学校の生徒の1年間の行事や生活について(まとめ)

  • 宝塚歌劇団で演じる男役と女役は宝塚音楽学校の時に身長で決まる!?

  • 宝塚音楽学校生 2月 文化祭 1日の過ごし方 宝塚ファミリーランド

  • 6月 宝塚音楽学校生の前期中間試験(本科)と舞踊会(発表会)