1. TOP
  2. 宝塚音楽学校
  3. 宝塚音楽学校の生徒 1月 卒業試験(本科)化粧講習(本科)

宝塚音楽学校の生徒 1月 卒業試験(本科)化粧講習(本科)

 2017/10/26 宝塚音楽学校
この記事は約 5 分で読めます。 775 Views

1月は卒業試験(本科)と化粧講習(本科)があります。

 

卒業試験(本科)について

 

卒業試験ですが、本科生にとっての卒業試験は宝塚音楽学校生活での最後の試験となります。

 

この試験でこのすぐ後の卒業公演の文化祭の役が決まります。

 

さらに!!

 

宝塚歌劇団に入ってから、“おとめ”という雑誌が毎年発行されるのですが、こちらの写真も成績順に写真が記載されます。

 

おとめの写真の掲載の順番もこの試験結果が反映されます。

 

私ですか?

 

初舞台の時の成績は悪かったですね・・・。

 

今はわかりませんが、私の時代は、宝塚歌劇団に入ってからの試験は研究科1・3・5年目に行われました。

 

最後の試験でやっと成績を上げることができました。

 

ただ、音楽学校時代は宝塚音楽学校に入れたことに喜びを感じておりましたので、毎日レッスンできる日々が幸せ!!とあまり成績は気にしておりませんでした。

 

ところで、宝塚音楽学校というだけあって宝塚音楽学校の卒業試験ではお琴、三味線、ピアノのどれかを弾くことが選択課題の1つにあります。

 

私はピアノの選択でした。

 

私の年はピアノが弾けない人がピアノになりました。

 

宝塚音楽学校の入学時点ではブルクミラーの初めの方を弾いていました。

 

卒業時には「軍隊ポロネーズ」という以下の曲を仕上げました。

 

 

順位は4位でした。

 

毎日2~3時間練習していました。

 

今では弾いていたのが不思議な感じも致しますが、タカラジェンヌはなんでも挑戦していく強さみたいなものを持っている、そんな気がいたします。

 

化粧講習について

 

化粧講習はドキドキ!!

 

「宝塚歌劇団のお化粧は自分でしています。」

 

とお話しすると「メイクさんがいると思っていた。」と良く言われます。

 

もちろんヘアーメイクも自分でします。

 

日本物のかつらを被る時は床山さんという専門の方がかつらをつくってくださいますが。

 

しかも!!お化粧講習は宝塚人生の中で1度だけです!!

 

もちろん、宝塚歌劇団に入ってから上級生の方のお化粧を研究したり、アドバイスをいただいたりするのですが、この時しか講習はありません。

 

しかもお化粧の講習に来てくださるのは現役のタカラジェンヌ!!

 

私たちの時には、現在メイクアップアーティストで大変ご活躍されておりますあの上級生の方やスターさんもいらっしゃいました。

 

現役のタカラジェンヌが宝塚音楽学校の生徒にメイクを教えてくれるわけですから緊張もしますがファンモードでドキドキしちゃいました。笑

 

メイクを終えてからもしばらく余韻が残りました。

 

宝塚って宝塚に関わる皆が宝塚のことを愛している素晴らしい空間なのです。

 

メイクの変化を見るのも楽しい!?

 

上記のように、宝塚音楽学校で1度だけの化粧講習でお化粧が綺麗にできたら嬉しいのですが、残念ながらそうはいきません。

 

宝塚歌劇団に入ってからお化粧を鏡で確認、写真撮影等をしながら自分のメイクをどうすれば良いのか考えます。

 

器用な同期もいて近くで見ると凄く素敵なお化粧に仕上がっていました。

 

私は不器用な方でしたのでいいなぁと思っていました。

 

しかし、舞台は近くではなく遠くからの見た目が勝負です!!

 

やはり下級生のお化粧は、頑張っても、綺麗に書けても、上級生のようにはなかなかなりません。

 

上級生に教えていただいても同じように書けなかったり、ちょっとした違いで目が黒くなってしまったりと色んなことがありました。

 

同期内でもアドバイスをし合うのですが、やはり客席からの見た目が大事ということで、私はファンの方に聞いていました。

 

チームプレイは宝塚ならではですね!!

 

このように、お化粧は下級生の頃はなかなか上手く書けないものですが、上級生になってくると公演ごとに少しずつニュアンスを変えたりする余裕も生まれます。

 

下級生の頃のパンフレットと数年経ったパンフレットを見比べるのも楽しいですのでお化粧の変化に注目してご覧下さい。

 

ここまで来ますと宝塚音楽学校生活もあとわずか・・・。

→宝塚音楽学校の2月へ続く

Sponsored Link

\ SNSでシェアしよう! /

軽井沢ジェンヌ 中沢恵璃香 宝塚歌劇団出身:谷みずせの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

軽井沢ジェンヌ 中沢恵璃香 宝塚歌劇団出身:谷みずせの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!
Sponsored Link

ライター紹介 ライター一覧

中沢恵璃香 軽井沢ジェンヌ 芸名:谷みずせ

中沢恵璃香

4歳から小島恵美子バレエ教室にてバレエを始める。

小学校3年生から、KIEミュージカルスクールにて、バレエ・ジャズダンス・声楽・日舞・演劇等を学び始める。

2018年4月 宝塚音楽学校入学

2000年3月〜2009 年5月 宝塚歌劇団出身 谷みずせ (男役)

その後の活動

司会・トークショウ・モデル・ディナーショー(構成・演出)・ラジオパーソナリティ・企業研修他

2014年6月〜2016年5月SBC信越放送 3時は!ららら 「温泉ジェンヌ」 レギュラー出演

講師

2010年 バレエ・シアターダンス

2011年 YOGA

2011年 全米YOGAアライアンス 取得

2012年 YOGAバレエ(独自で考え提案)

2016年度卒業 早稲田大学院(臨床心理学 専門は行動分析学・認知行動療法)

12月 パフォーマンス・エンハスメント・コーチ開始

〜コチーングを受けた人の感想〜

・話を聞いてもらい心がすっきりしました。「がんばる」という言葉があまり良くないということ、楽しんでやっていけることを見つけて自分で取り組んでいくことが大事だと気づきました。次会うときまでに結果を出せるように楽しみながら取り組んでいきます。ありがとうございました。

・今日もありがとう。コーチングのイメージが全然違ってとても入りやすかった!自分がやりたかったことは明確になったけどストレスが全くないのはえりかちゃんのトークか?もっていき方?だと思った。本当に負担を感じず受けることができました。

・接しやすのでなんでも話せる所が最高に良かった。

・隣にいるだけでポジティブなマインドに何か引っ張られている気になる。

・何より楽しい時間になった。楽しい時間にしてくれた?

・会話の中に自分が考えることのない考え方がいくつもあって、発見!?気づきをもらえた。

・えりかさんのコーチングを受けて自分の心の持ちようが変わっていくのを感じました。また、自分の悩みの小ささを実感したことで「こんなことぐらいで・・・」という思いが強く生まれました。前を向いて、心に正直にやるべきことをやっていく、そういった気持ちをもらえました。できなかったことを考えるのではなく、できたことを積み重ねて、自分が決めたゴールに向かっていきます。今日から1、2ヶ月後が楽しみです。本当にありがとうございました。

〜お問い合わせはこちらから〜
LINEのID : @nqr7905r

この人が書いた記事  記事一覧

  • 日本語の勉強・単語(にほんごのべんきょう・たんご) ~ Japanese language 2

  • 自分を変えられるのは自分 恋愛も仕事も上手くいく10の方法 Erika’s mind

  • 変われない自分にさようなら!変わりたい方の自己実現への第一歩 マインドフルネスの視点から Erika’s mind

  • 元宝ジェンヌ主催  上質な港区のパーティー 「素敵な男女の集まる会」

関連記事

  • 宝塚歌劇団で演じる男役と女役は宝塚音楽学校の時に身長で決まる!?

  • 宝塚音楽学校を受験する試験について ~エピソード~

  • コーチングを取り入れた宝塚音楽学校受験にとって良い考え方

  • 宝塚音楽学校生の9月 前期期末試験(本科) 秋の音楽会へ向けて!

  • 宝塚歌劇団出身・元タカラジェンヌがお伝えする宝塚音楽学校の生徒の1年間の行事や生活について(まとめ)

  • 中沢恵璃香(芸名:谷みずせ)の宝塚歌劇団の舞台との出会い