1. TOP
  2. コーチング
  3. 夢は自分の思考次第で現実になる〜夢を叶えるための思考の使い方〜

夢は自分の思考次第で現実になる〜夢を叶えるための思考の使い方〜

Sponsored Link

夢は自分の思考次第で現実になる〜夢を叶えるための思考の使い方〜

夢と聞いて何を思い浮かべるでしょうか?

 

最近の精神科や心療内科などではあまり聞くことはありませんが、心理学の視点ですと夢占いなどで心理の状態を診断していくという方法があります。夢の内容から深層心理や意味を考えるというような感じでしょうか。現在ではこのような方法は夢占いという本になっており、私も夢占いの本をみていた時期がありました。寝ているときに見る夢についての意味や夢のメカニズムについては未だに不明確な部分が多いようですね。思春期にある現象においては同じ夢を何度も見るというようなこともあり、私も疲れているときには嫌な夢をよく見たのを覚えています。このように眠っているときに見るような睡眠中の夢ではなく、実際の現実に存在している自分自身が“こうなりたい!!”と思っている将来の夢について書いていこうと思います。

夢の実現には考えることが重要になると考えます。

 

考えるとは思考です。思考の使い方によって思考は現実となって自分自身の現状を変えていきます。そう、思考は現実化するといわれています。

 

私たちは普段、自分の思考によって現実世界を見ています。現実とは何か?例えば理想の現実があったとします。「彼氏・彼女が欲しい。」これに対して自分自身の思考の状態が現実逃避をしてしまい、「彼氏・彼女はいりません。」というような現実を自分の現実として受け入れてしまうような思考の状態ができてしまったとします。「現実は非情である。」と考えるような非常にネガティブな思考を選択して現実として受け入れてしまった場合には彼氏・彼女はできないでしょう。もちろん彼氏・彼女に限らず“億万長者になりたい”ですとか“英語が話せるようになりたい”というようなことに関しても影響を与えます。このようにどのようなことを思考したのかということは非常に重要になってきます。

 

思考にはポジティブな思考やネガティブな思考などの種類があります。どちらも私たちの生活にとってはなくてはならないものであり、ポジティブな思考状態にあるときには非常に楽しく過ごせる一方でネガティブな思考状態にあるときには身の危険などを察知して自分自身の安全を守ってくれることもあります。しかし、ネガティブな思考に思いを巡らせ続けてしまった場合には行き過ぎてしまうとうつ病などにもなってしまうこともあります。ですので、自分の思考回路がどのようになっているのかを知ることは非常に重要な視点となっています。

 

認知療法では思考を変化させることができるといわれています。

 

ご存知の方も多いかとは思いますが、私の専門分野は認知行動療法です。認知行動療法にはマインドフルネスなど研究も含まれます。マインドフルネス(マンドフルネストとは、マインドフルネス瞑想と呼ばれる瞑想の状態でありのままを感じるような方法になります。例えば思考や呼吸に意識を向けて行います。)との出会いは、ヨガ講師の資格の勉強にオーストラリアに行った際に出会いました。それ以来マインドフルな毎日を過ごして・・かれこれ7年以上が経ちます。最近では、グーグルの会社内でよく使用されており、ビジネスの場面においても非常に効果があるようです。このようにマインドの使い方によって日常生活にはもちろんビジネスの現場においても効果があるといわれています。

 

マインドの使い方においてはマインドセットというような視点から様々な考え方が紹介されていますが、自分の思考の中にマインドマップみたいなものを思い描いて、マインドフルな状態でマインドをコントロールすることができれば良いわけです。マインドセットが出来ているか出来ていないかによってパフォーマンスに大きく影響が出ると言われており、私の周りでビジネスの結果を出している方は、特にマインドセットを重要視しているように感じています。

 

〜元宝ジェンヌの夢を叶えるための思考の使い方〜

 

1・人生を笑顔で楽しむ

 

人生は楽しい。そう、人生は楽しまないと損。私は楽しいこと考えていると楽しい方向へ進むって考えています。だから人生は楽しんだもの勝ち!!ということを伝えています。

 

でもちょっと待って!!「楽しもうと思っても楽しめない・・」そんなことを言われる時があります。そんなネガティブな思考ってこんな感じ。「楽しくない毎日、楽しくない人生、一緒にいても楽しくない彼氏・彼女、楽しくない時間、仕事も職場も楽しくない、友達と一緒にいても楽しくない・・。」社会人になって人生楽しくなくて原因もわからなくて、イライラしちゃうし、ほんと毎日がつまらない。楽しくない毎日を送っている20代、30代、40代、50代・・・頑張って婚活したけど主婦をしていても楽しくない・・人生が終わっちゃうじゃん・・・。でも楽しくない。こんな状態がずっと続くようであれば病院に行った方が良いかもって正直思います。うつ病かもしれないですし。通常の場合、少しは楽しい瞬間があるように思います。自分で気がついていないだけなのかもしれないですね。

 

一方で、何か楽しいことないかなって探していて一緒に居て楽しい人っていますよね。でも無理して楽しそうにしている人もいます。ある研究では笑顔でいることによって思考が勝手に楽しい!!と勘違いするという論文を大学院時代に読んだ記憶があります。ですので、無理にでも楽しんでいると勝手に楽しい現状がやってくるのだと思います。楽しいことって何って意味を考えたりしても仕方ない気がします。楽しい時って勝手に笑顔になっていますし、笑顔でなくても感情で楽しいと感じれば自分でわかりますし。でも、意図的に楽しくなるもの良いと思います。楽しいという思考は人生をより楽しいものにしてくれる非常に大事な感情だと思っています。楽しい感情は人生をより豊かにしてくれる最高の感情ではないでしょうか。大切にしたい感情の1つです。

 

 

2・はじめの一歩を踏み出す勇気を持つ

 

何か新しいことを始める時って不安になったりしませんか?

 

心理学でメンタルブロックというのがありますが、何か行動を起こす際に躊躇してはじめの一歩が踏み出せないことや、自分で障害を作ってストップをかけてしまうそんな経験はないでしょうか?

 

メンタルブロックは恋愛やお金、日常生活の1つ1つにおいてもかかっていることがあります。認知行動療法で考えると、「〜しなければならない。」という思考にあたります。この思考は、自分自身で勝手に考えてしまっている思考状態になります。英語でよくhave to~ と表現されることが多いです。「〜しなければならない。」という言葉は非常に強い言葉であると考えます。「すべき!!」「しなさい!!」のように義務感を感じてしまうような非常に強い表現であり、この思考を持っている人は思考に柔軟性がないように考えます。この思考が強くなりすぎるとうつ病のような病気にもつながると考えられています。

 

例えば、学校などに行く際に「授業中は教室にいなければならない。」という思考があったとします。私は、お手洗いを我慢するのは身体に良くないと考えています。もし、我慢をし過ぎてしまった最悪の場合に考えられるのは膀胱炎でしょうか。もし、学校の先生が「授業中は教室の中にいなければならない。」と伝えた場合にどれだけの人が我慢してしまうのか考えてみたことはありますでしょうか?私は小学生の頃から我慢をしない子供でした。私にとっては普通でした。しかし、どんな思考だったのかはわかりませんが、ある日お手洗いを我慢しすぎて膀胱炎になってしまった友人を目の当たりにしてショックを受けたのを覚えています。思考というのは病気にもつながってしまうことを思い知らされました。

 

一方で、「〜したい。」という行動に対してもメンタルブロックはかかります。英語では want to~ と表現されます。よく潜在意識など影響があると言われていますが、認知行動療法ではあくまで思考で捉えます。ですので、本人が考えている思考を変えていくことでフォローしていきます。この「〜したい。」という思考と同時に持っている思考が「〜でも」、「そうなのですが・・・」、「やりたいとは思っているのだけど・・・」、「なぜかできなくて・・・」みたいな思考とセットになっている場合が多いように感じます。このあたりはフォローしてもらうことで思考は変わります。これは比較的簡単に変わっていく思考でもありますので、自分一人で「〜したい・・・したい・・・」と考えているよりは頼った方が早いかなと思います。ただ、本当にしたいと思っていなければ変わらないということもよくあります。

 

恋愛サポートをしていた時期に“彼女が欲しい”男性がいました。女性に声をかけるのも苦手な男性でした。こちらのフォローは認知行動療法で行いました。分析して変えていくのは楽しいです。何より楽しいのは変わっていく本人だと思います。その男性は何人もの女性とデートを重ね、ついに念願の彼女ができました。しばらくは幸せの絶頂のような時期を過ごしていました。彼女が欲しいという夢は実現し彼女ができたのです。素晴らしい!!しかし、結局彼女と別れてしまいました。現在は他の女性とデートを重ねているそうです。ただ、その男性の思考はもう“彼女が欲しい”ではなくなり、“彼女は作ろうと思えばいつでも作れるけど、自分に合った彼女が欲しい”という思考に変化しました。思考の変化によって全く違う世界を知ったことになります。私のフォローがなければ未だに女性に声をかけられず悩んでいたかもしれませんね。こんなことが半年の間に簡単に起きてしまうのは思考の変化によって夢が現実になったからです。一度変わってしまえばそんなものです。日常。周りからは「00さんは最近なんか楽しそうだね。」とも言われているみたいです。

 

3・自分自身のありのままの感情を感じる〜マインドフルな思考〜

 

よく感情のコントロールはできるという方がいらっしゃいますが、私はコントロールはできないのではないかと考えています。感情のコントロールはできないけどそのまま感じることはできます。それに、実際に動いている感情を無理やりなんとかコントロールしようと思うとどこかに支障が出ます。感情というのは思考であり状況に対して勝手に思考が反応している状態になります。ただ、思考に反応して波に飲まれてしまうとその場で怒り出したりしてしまいます。あらら・・・。ただ、そうゆう思考になっていることを理解したら自分なりに何か対策を取ることをお勧めします。例えば、ストレスを感じていた場合にそのままにして突き進んでしまうとストレスは身体症状として現れる場合があります。わかりやすいのは腸過敏性症候群にようなお腹が痛くなることや、頭が痛くなるなどです・・・。多少のストレスは良い場合が多いですが多大なストレスにはその後の対処としての自己コントロールをするのがオススメです。

 

このようにありのままの自分を理解しながら進むことで、自分は何に対してストレスを抱えているのかを理解し、自分へのフォローをしながら前に進むことができます。良く、現状の外へ思いっきり飛び出してストレスが急にかかりすぎて体調を崩してしまうような方がいるという話を聞くことがあります。自分でできるだけ体調管理をしながら楽しく成長していくのが良いのではないでしょうか。どうにもならない時というのもあるとは思いますが、身体は休みたいという want to~な状況下にいるありのままの自分のことをしっかりと受け止めて、その上で自分自身をコントロールして進んでいくのがオススメです。Want to~ の捉え方も様々ですので。

 

4・人生を演じる 〜男にも女にもなれる〜自分で選んだ好きな人生を〜

 

私は、宝塚歌劇団にいるときに男役を演じていました。もともと遊びは男の子みたいな遊びが好きでした。山にスキーや釣りに行くことやファイナルファンタジーのようなロールプレイングゲームをしていました。一方で、バレエやピアノなど女性が好むようなレッスンをしていました。ズボンをはくのが嫌いだった私はスカートばかりはいていて、小学校の先生に「冬なのにミニスカートをはいて!!」と母親が怒られたこともあります。ミニっていうか・・・ミキハウスのキュロットスカートだから・・・一般的なスタイルなのだけどな・・ワールドスタンダードって言われるタイプの服装ってやつ。まぁ田舎だから仕方ないか・・・なんて思ったりしていました。笑

 

そんな私が男役を選んだ理由!!それは、宝塚音楽学校生の娘役は毎日三つ編みをしなければならなくて、私は不器用だから面倒でしたくない。それだけの理由で男役になりました。なんとも変な理由なのでネタにしています。

 

でも、思春期の女の子が、しかもスカートばかり好きで履いていた女の子が男になるって大変なのですよ。しかも、女役で受かっていましたので。しばらく葛藤していました。女の子なのに男になるのに頑張っている私ってどうなの?って。10年、合計で12年も男になっていましたけど・・。高校時代は毎月1人以上から告白されていたのに男ですよ!?男!!!

 

といわけで、“男役を演じるのって楽しい!!”というところまで到達してしまいました。

面白エピソード1!!

私が演じた男役の中に“赤いコートの男”というのがありました。そう!!“オカマ”の役を演じました。笑

難しかったのは、男役は女から男になって女を好きになるのに対して、私は女の子から男になって、また女の子になって男の人に興味があるっていうのを演じなきゃいけなくて・・・あまりにも困った私はドラッククイーンの映画を観て、ドラッククイーンをしている“オカマ”の人にお話を聞いて演じました。色んな経験を出来たのはすごく楽しかったです。

 

そして、宝塚歌劇団を退団した後がまた大変でした!!スカートが似合わない・・・女なのにスカートが似合わないって何??って、思っていました。歩き方からしぐさ声のトーンまで全部女性に戻して。でも大変だったのは、男性を見る際に男役の私の方がかっこいい!!男らしくないなぁとか考えてしまって・・・思考まで男の子。もちろん女の子にもてているのが普通でした。ところがだんだんと女の子からはもてなくなり・・・女性になりました。で、結局男にも女にもなれるんだなぁって思ったこと。ここまでくるとなんでもいいかなぁって思います。笑

 

だから女性にもてない男性を見ていると、私の方が女性の扱い方を知っているとか思ってしまいますし、サポートもできてしまいます。そして、改めて女性の魅せ方創ったのだからこんな女性いたらいいなと思う女性像ができてしまいます。どちらも私であって私じゃないので何かがおかしいのですが・・・。両方私であって私じゃないみたいな・・・私どこに行っちゃったのでしょう・・・?まぁ、そんなものですね。

 

それぐらい自分というのは自由自在に色んな人間になれるということを証明していることにもなります。

 

面白エピソード2!!

 

大学院生になった頃、元宝ジェンヌってばれないで過ごせるか?というのに挑戦していました。今思うと何をしていたのだろう・・?とも思うのですが、声の大きさやトーン、しぐさなど、大学生の真似をして過ごしていました。私のことを知っている人がおりましたので、声をかけられた際にちょっとはずかしい思いはしましたが、ある教授が皆の前でお話するまでは全然気づかなかったという子が多く、ちょっと嬉しかったのを覚えています。その後また元に戻しましたが。このように、実は自分という存在は、まさに今の自分が自分であると信じてそのように演じているのであって、どのような人間にでもなれるのです。こちらに関しては行動分析学の視点や認知行動療法でフォローができる側面でもあります。役割固定法というのですが。

〜最後に〜

長々と記載しましたが、思考の使い方次第でどんな人間にでもなることができるのです。ここまでくると人生は遊びみたいで楽しいです。性別さえ超えて演じてしまった経験から、20代後半で高校生を楽しみ、30代にして大学生活を楽しむ。このように私たちは、時間さえあればどんな職業でも選ぶことが可能で好きな人間になれるのです。今まさに自分がそうであるかのように過ごすというのは私の得意なことなのかもしれません。

 

私はよく何をやっているかよくわからないと言われますが、経験してきたことは、宝ジェンヌ、女優、バレエ講師、ダンス講師、演劇講師、ヨガ講師、カウンセリング、コーチング、経理、モデル(和・洋)、TVレギュラー出演→温泉ジェンヌ(温泉紹介番組*温泉には入りません!)、司会、トークショー、ラジオパーソナリティー、ショーイベントの演出家、振付家、ダンサー、ネイル講師、アパレル、レイキヒーラー、フェイシャルアロマセラピスト、ブロガー、フリーターです。 笑

Sponsored Link

\ SNSでシェアしよう! /

軽井沢ジェンヌ 中沢恵璃香 宝塚歌劇団出身:谷みずせの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

軽井沢ジェンヌ 中沢恵璃香 宝塚歌劇団出身:谷みずせの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!
Sponsored Link

ライター紹介 ライター一覧

中沢恵璃香 軽井沢ジェンヌ 芸名:谷みずせ

中沢恵璃香

4歳から小島恵美子バレエ教室にてバレエを始める。

小学校3年生から、KIEミュージカルスクールにて、バレエ・ジャズダンス・声楽・日舞・演劇等を学び始める。

2018年4月 宝塚音楽学校入学

2000年3月〜2009 年5月 宝塚歌劇団出身 谷みずせ (男役)

その後の活動

司会・トークショウ・モデル・ディナーショー(構成・演出)・ラジオパーソナリティ・企業研修他

2014年6月〜2016年5月SBC信越放送 3時は!ららら 「温泉ジェンヌ」 レギュラー出演

講師

2010年 バレエ・シアターダンス

2011年 YOGA

2011年 全米YOGAアライアンス 取得

2012年 YOGAバレエ(独自で考え提案)

2016年度卒業 早稲田大学院(臨床心理学 専門は行動分析学・認知行動療法)

12月 パフォーマンス・エンハスメント・コーチ開始

〜コチーングを受けた人の感想〜

・話を聞いてもらい心がすっきりしました。「がんばる」という言葉があまり良くないということ、楽しんでやっていけることを見つけて自分で取り組んでいくことが大事だと気づきました。次会うときまでに結果を出せるように楽しみながら取り組んでいきます。ありがとうございました。

・今日もありがとう。コーチングのイメージが全然違ってとても入りやすかった!自分がやりたかったことは明確になったけどストレスが全くないのはえりかちゃんのトークか?もっていき方?だと思った。本当に負担を感じず受けることができました。

・接しやすのでなんでも話せる所が最高に良かった。

・隣にいるだけでポジティブなマインドに何か引っ張られている気になる。

・何より楽しい時間になった。楽しい時間にしてくれた?

・会話の中に自分が考えることのない考え方がいくつもあって、発見!?気づきをもらえた。

・えりかさんのコーチングを受けて自分の心の持ちようが変わっていくのを感じました。また、自分の悩みの小ささを実感したことで「こんなことぐらいで・・・」という思いが強く生まれました。前を向いて、心に正直にやるべきことをやっていく、そういった気持ちをもらえました。できなかったことを考えるのではなく、できたことを積み重ねて、自分が決めたゴールに向かっていきます。今日から1、2ヶ月後が楽しみです。本当にありがとうございました。

〜お問い合わせはこちらから〜
LINEのID : @nqr7905r

この人が書いた記事  記事一覧

  • 元宝ジェンヌ主催 港区で楽しい週末 大人の社交パーティー

  • 天皇皇后両陛下 軽井沢にて

  • 元宝ジェンヌの夢を叶える美容マインド!!

  • セルフコーチングとは?コーチが解説するビジネスや恋愛が結果的に上手くいく方法

関連記事

  • コーチングとは - コーチングを学ぶ目的や活用方法について  

  • コーチング 心理学 マインドフルネス からのサポートについて

  • ルー・タイスメモリアルパフォーマンス・エンハンスメント・パーソナルコーチ

  • 自分を変えられるのは自分 恋愛も仕事も上手くいく10の方法 Erika’s mind

  • マインドフルネス瞑想 ヨガ 幸せはずっと続くものではないが幸せを感じることは出来る コーチング的な考え方 クリストフ・アンドレの著書について

  • 日常生活で行えるネガティブな思考との付き合い方 心理学とコーチングの視点から