1. TOP
  2. 健康
  3. 健康について考える 添加物 ワインについて 無添加ワインのすすめ ワインの続き~亜硫酸塩を食べ物に使用している例~ 栄養ドリンクについて

健康について考える 添加物 ワインについて 無添加ワインのすすめ ワインの続き~亜硫酸塩を食べ物に使用している例~ 栄養ドリンクについて

 2018/01/06 健康
この記事は約 8 分で読めます。 29 Views
Sponsored Link

健康管理について考えてみる

 

なぜ健康が大事なのか?

 

健康ってそもそも私たちに何を与えてくれるのでしょう?

 

何年か前から感じてはいたのですが、日本人はもっと活気があったような気がします・・・。

 

最近電車に乗ると疲れ切った顔をしている方が多いような気もします・・・。

 

私も疲れるときはありますが、顔色が悪いような気がするのは私だけでしょうか?

 

食べ物に原因があるんじゃないかな?とも考えています。

 

健康に関する情報交換は私の周りでは当たり前で、たまに全く知らない人に出会うとそもそもの情報がないという感じです。

 

大丈夫かな?とも思いますし、自分自身も経験によって学びましたので、元気な状態である方にお伝えするのは余計なお世話かな?とも考えてしまいますのでなかなかお伝え出来ないのが現状です。

 

お金持ちの考え方の一つに健康管理も仕事の一つであるという考え方があります。

 

タカラジェンヌからしてみると当たり前の話で、健康管理は自分でするものでした。

 

でも忙しい毎日の中で健康に気を使うって大変ですが凄く大事なことだということも理解しているつもりです。

 

夜中に寝る間を惜しんで野菜炒めとかお肉を焼いて(塩コショウで!)、ごはんを作って食べていましたし、大学院時代もなるべくお弁当やおにぎりを作って持参していました。

 

お金持ちは、仕事の取引の際にも健康であるかを重視する傾向があるそうで、そもそも不健康な方との仕事はしないという例もあるそう。

 

なぜお金持ちなのかといいますと、なぜか健康思考の方が多く当たり前の考え方になっているからです。

 

そうゆうことです。

 

高級料理もシンプルな味付けで添加物を使用しているお店ってあまりないと思います。

 

私的には、健康は自己実現には欠かせない要素の1つでもありますし、健康でいると毎日が幸せな気分で過ごせます。

 

健康志向で過ごす日本人が増えてくれると嬉しいなと思います。

 

 

添加物 ワインについて

 

私は20代の頃お酒が好きで良くワインを飲んでいました。

 

最近では付き合い程度に飲む程度で、普段は飲まないようにしています。

 

なぜかというと、添加物が入っているからです。

 

絶対ダメというわけではなく、たまには飲んでいます。

 

出来るだけ無添加のワインを購入します。

 

以前、フランス人はワインを飲み終わったあと、そのまま置いておいてビネガーにするという話を聞きました。

 

しかし、日本に来るワインは必ず防腐剤が入ります。

 

ですので何日置いておいてもビネガーにはなりません。

 

不思議に思いました。

 

ビネガーにならないワインの不思議とでもいうのでしょうか。

 

市販されているワインのラベルをみると、「酸化防止剤(亜硫酸塩)」という表示があります。ワインの本場であるフランス・イタリア・ドイツなどですが、ヨーロッパでは以前からワイン造りには亜硫酸塩が使用されてきたようです。

 

しかし、亜硫酸塩は毒性が強いそうです。

 

亜硫酸塩にはいくつか種類があり、ワインに一番良く使用されているのは二酸化硫黄だそうです。

 

これは有毒物質ですので、微量でも含まれている場合、化学物質に敏感な方は頭痛を起こすそうです。

 

身体の反応は正直です。

 

頭痛?たいしたことない、頭痛薬を飲んで症状だけ消してしまおうという対処的な方法をとっていると大きな病気になってしまうのではないでしょうか?

 

むしろ、自分の痛みをしっかりと感じながらどうしたらよいのかを考えて過ごすことを私はお勧めいたします。

 

もちろん怪我などの痛みを一時的に抑えることは良いとは思いますが、日常生活の生活習慣ですから生活習慣の乱れは結果的に自分に返ってくるのです。

 

望もうが望まなかろうが症状という形で現れます。

 

「もっと若い時に健康に気を使っていればよかった。」と後悔する時にはすでに遅いのです。

 

無添加ワインはコンビニでも売っている時代ですので出来れば無添加のワインを選ぶようにしてみてはいかがでしょうか?

 

メルシャンやサントリーから500円程度で売られています。

 

そうゆう意味では日本酒は良いのかもしれませんね。

 

 

ワインの続き~亜硫酸塩を食べ物に使用している例~

 

亜硫酸塩は「酸化防止剤」の他に「漂白剤」としても使用されています。

 

食べ物の見た目をよくするために使用されているのが一般的です。

 

亜硫酸塩は、反応性が高く、色素に作用して壊すことで漂白するそうです。

 

主に、甘納豆や干しあんず、ドライフルーツ、コンビニ弁当などに使用されています。

 

ときどきプレミアムのドライフルーツで見た目が良くないものがコンビニでも売られていますが、そちらの色が本来の色であり、見た目の良くないものを選ぶ方が健康にとっては良いのです。

 

先日もコンビニで買ってきたフルーツがなぜか食卓の上に置きっぱなしでした。

 

蓋をあけっぱなしで2日経ったのですが色の変化はありません。

 

長野県の地元でとれたリンゴは少しするとすぐに変色が始まります。

 

変色していくリンゴをみて、本当に愛おしいなって思います。

 

二酸化硫黄を原料に化学合成されて亜硫酸Naなるようです。

 

ウサギに対して行われた実験では、体重1kgに対して二酸化硫黄を0.6~0.7g口径投与すると半数が死んでしまうそうです。

 

人間の場合、4g飲むと中毒症状があらわれて、5.8gでは胃に激しい刺激があらわれるそう。

 

コンビニ食の大好きだった小中学生の頃、時々胃の痛みと戦っていました。

 

宝塚音楽学校時代も胃薬が必須でした。

 

ストレスだろうと思っていたのですが、添加物だった可能性も考えられるわけです。

 

最近は胃の痛みというような症状自体が全くなくなりました。

 

食生活を変えたからだと思います。

 

胃が痛いという症状がある人の食生活を聞いてみると結構ひどいなぁと思うことが良くあります。

 

胃の痛みは本当にストレスから来ているのか、食生活を改善して確かめてみてはいかがでしょうか?

 

以前TVでも取り上げられていましたが、1年経ってもカビの生えないパンやフライドポテト。

 

これらは本当に食べ物と呼べるのでしょうか?

 

時々利用するのは良いと思いますが(私もたまに利用します。)、毎日コンビニで食事をしている人はどれだけの添加物を摂取しているのでしょうか。

 

コンビニを否定しているわけではなく、コンビニの中でもよい食材も並んでいますので選ぶことが良いと思います。

 

近くに手づくりのおにぎり屋や総菜屋もあるはずです。

 

同じ値段ぐらいで手作り弁当の販売をしているお店も見かけます。

 

探してみてはいかがでしょうか?

 

 

栄養ドリンクについて

 

栄養ドリンクというと飲んでいない人の方が珍しいのではないかなと思います。

 

以前、宝塚歌劇団の地方公演と呼ばれる地方に行って公演を行った際、風邪をひいてしまい、病院に行っている時間がありませんでしたので栄養ドリンクに頼っていました。

 

しかも!!1本では全く効かず1日に3本飲みましたが全く効き目を感じられず、結局知り合いの病院へ行かせていただきました。

 

お決まりの点滴でした。

 

以降、少し疲れた時には飲むのが普通になっていました。

 

最近飲んで気が付いたのですが、飲んでしばらくの間は良いのですが効果が切れると飲む前よりも疲れている・・・そんな気がするのは私だけでしょうか?

 

飲んで元気になったと思って動いてしまうことにも原因があるのかもしれませんが・・・

 

私は、出来るだけ飲まないようにしていますが、最近は裏に表示されている添加物を調べて自分なりの基準で安全であると思える栄養ドリンクを1つ用意してそれを飲むようにしています。

 

安息香酸Naは、最近、カビ、酵母などいろいろな微生物の繁殖を抑えるために使用されているそうです。

 

安息香酸Naは毒性が強いそうです。

 

ラットの研究で、餌の5%に安息香酸Naを加えて4週間飼育した結果、すべてのラットが過敏状態、尿失禁、けいれんなどをおこして死んでしまったそうです。

 

これだけの添加物が入っているということです。

 

飲むのはお勧めしませんが、必要な時もあると思いますので飲まないでとも言いません。

 

ただ、事実だけ知っておくと意識が変わるような気がいたします。

 

参考文献:渡辺雄二「体を壊す10大食品添加物」

Sponsored Link

\ SNSでシェアしよう! /

軽井沢ジェンヌ 中沢恵璃香 宝塚歌劇団出身:谷みずせの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

軽井沢ジェンヌ 中沢恵璃香 宝塚歌劇団出身:谷みずせの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!
Sponsored Link

ライター紹介 ライター一覧

中沢恵璃香 軽井沢ジェンヌ 芸名:谷みずせ

中沢恵璃香

4歳から小島恵美子バレエ教室にてバレエを始める。

小学校3年生から、KIEミュージカルスクールにて、バレエ・ジャズダンス・声楽・日舞・演劇等を学び始める。

2018年4月 宝塚音楽学校入学

2000年3月〜2009 年5月 宝塚歌劇団出身 谷みずせ (男役)

その後の活動

司会・トークショウ・モデル・ディナーショー(構成・演出)・ラジオパーソナリティ・企業研修他

2014年6月〜2016年5月SBC信越放送 3時は!ららら 「温泉ジェンヌ」 レギュラー出演

講師

2010年 バレエ・シアターダンス

2011年 YOGA

2011年 全米YOGAアライアンス 取得

2012年 YOGAバレエ(独自で考え提案)

2016年度卒業 早稲田大学院(臨床心理学 専門は行動分析学・認知行動療法)

12月 パフォーマンス・エンハスメント・コーチ開始

〜コチーングを受けた人の感想〜

・話を聞いてもらい心がすっきりしました。「がんばる」という言葉があまり良くないということ、楽しんでやっていけることを見つけて自分で取り組んでいくことが大事だと気づきました。次会うときまでに結果を出せるように楽しみながら取り組んでいきます。ありがとうございました。

・今日もありがとう。コーチングのイメージが全然違ってとても入りやすかった!自分がやりたかったことは明確になったけどストレスが全くないのはえりかちゃんのトークか?もっていき方?だと思った。本当に負担を感じず受けることができました。

・接しやすのでなんでも話せる所が最高に良かった。

・隣にいるだけでポジティブなマインドに何か引っ張られている気になる。

・何より楽しい時間になった。楽しい時間にしてくれた?

・会話の中に自分が考えることのない考え方がいくつもあって、発見!?気づきをもらえた。

・えりかさんのコーチングを受けて自分の心の持ちようが変わっていくのを感じました。また、自分の悩みの小ささを実感したことで「こんなことぐらいで・・・」という思いが強く生まれました。前を向いて、心に正直にやるべきことをやっていく、そういった気持ちをもらえました。できなかったことを考えるのではなく、できたことを積み重ねて、自分が決めたゴールに向かっていきます。今日から1、2ヶ月後が楽しみです。本当にありがとうございました。

〜お問い合わせはこちらから〜
LINEのID : @nqr7905r

この人が書いた記事  記事一覧

  • Ericaの詩

  • 北海道の旅(満喫)

  • 宝塚歌劇団出身の元タカラジェンヌがお伝えする35歳からの美容法

  • コーチングについて考える

関連記事

  • 健康って気にしたことある?

  • 元宝ジェンヌの美容法 お勧めのアロマオイル12 20年以上使用した実践的なアロマオイル 気持ち・心のリセット・リフレッシュ〜美容

  • ストレスについて〜元宝ジェンヌのストレス解消法 7つの方法〜

  • 宝塚歌劇団出身の元タカラジェンヌがお伝えする35歳からの美容法