1. TOP
  2. マインドフルネス
  3. ヨガの基本 パタンジャリ ヨガの8段階の道について The Yamas(ヤマ) The Niyamas(ニヤマ)  プラナヤマ 呼吸について ところでヨガとは? 瞑想を実践して マインドフルネス マインドフルネス瞑想でのネガティブ思考との付き合い方

ヨガの基本 パタンジャリ ヨガの8段階の道について The Yamas(ヤマ) The Niyamas(ニヤマ)  プラナヤマ 呼吸について ところでヨガとは? 瞑想を実践して マインドフルネス マインドフルネス瞑想でのネガティブ思考との付き合い方

 2018/01/07 マインドフルネス ヨガ
この記事は約 8 分で読めます。 1,146 Views
Sponsored Link

パタンジャリ ヨガの8段階の道について

 

パタンジャリという権威あるヨガの教本で、ヨガについて“Chitta Vitti Nirodah” と定義しています。

 

これは、“心の揺れを制止すること”と訳されるそうです。

 

パタンジャリは心の揺れの制止と自由・解放・至福の達成をするための8段階の道を提唱しています。

 

ヤマとニヤマはアサーナの前に知っておくべき重要な内容になっています。

  • The Yamas (ヤマ)【禁戒】

私たちが他者との関係を築くうえで大切な倫理方針であり、社会規律とされています。

以下の5つのヤマがあります。

 

  • Ahimsa(アヒンサー):非暴力・新設・殺生

相手を愛すること。また、相手を思いやる言葉を使うこと。非暴力を行うことが大切であり、それは自分に対しても同じである。毎日のアサーナを行う際に自分自身に優しくなければ怪我をしてしまうような結果につながることもある。

 

  • Satya(サティヤ):正直

自分自身に対しても他人に対しても正直でいること。自分の行動や言葉に責任をもつこと。決めつけることはしない。白い嘘はいい。

 

  • Asteya(アスティヤ):不盗戒

ずるいことをしない。形がないものであっても盗まない。他人と比べない。他人と比べることでネガティブな思考につながることがある。

 

  • Brahmacharya(プラフマチャリヤ):身体・心・話の全てを適切にコントロールする

すべてを適切に。ほどほどに。食事や快楽などは幸せを感じて楽しんでするのは良い。後悔はしないよう、食べ過ぎるなど欲しがりすぎないように。

 

  • Aparigraha(アパリグラハ):非所有、必要なものは全てある。

必要なものはすべて持っていると思うことが満たされる。

 

  • The Niyamas (ニヤマ)【勧戒】

自分自身

の内なる世界とどのように対峙するかという観戒です。

 

  • Shaucha(シャウチャ):身体を寺院のように扱う

身体も心も平和な状態にする。

 

  • Santosha(サントーシャ):満足

感謝すること。物事を受け入れること。いかなる時も満足感を育てること。

 

  • Tapas(タパス):陰陽をもたらす火をつくる

陰と陽が自分の中で起きること。

 

  • Swadhyaya(スヴァーディヤーヤ):自分について勉強すること

静止してみること。エゴに対して大丈夫だと思うこと。

 

  • Ishwara-pranidhana(イーシュバラ プラニダーナ):忠誠心

世界の全体像がみえる。相手をみて決めつけたり判断したりしないこと。

 

プラナヤマ 呼吸について (生命力の流れをコントロールする)

 

ヨガをする際に自分の呼吸と向き合うことで自分自身の状態を知ることが出来ます。

 

呼吸は心と身体をつなぐ架け橋といわれています。

 

呼吸が乱れているときは精神が安定しません。

 

一方、呼吸が安定しているときには精神も安定します。

 

このように適切な呼吸は、身体、精神、感情に変化を与える最も効果的な方法です。

 

私がヨガを教える際には呼吸を重視しておりますので、必ず呼吸を意識することから始めています。

 

呼吸の変化で自分自身の状態を知ることが出来、その後コントロールすることで身体へ働きかけることも出来るようになります。

 

簡単に行える呼吸の1つに“ため息”があります。

 

これも私のレッスンでは行うことがほとんどです。

 

「はぁ~~~~・・・」

 

と声を出しながら行うことが大切です。

 

緊張が高い場合やストレスが多い時には“ため息”が出来ません。

 

この場合には非常に緊急な場合が多いとされています。

 

ですので、時々“ため息”をして普段から練習をしておけば身体が覚えているので緊張状態にあるときには自然と身体が緩むのではないでしょうか。

 

ところでヨガとは?

 

基本的なことですが、ヨガとは反対のバランスをとる鍛錬です。

 

練習するときや教える際、呼気と吸気のバランスをとることを目的としています。

 

バランスをとることで、自律神経の2つの神経系の流れをニュートラルにする効果があります。

 

交感神経と副交感神経のバランスに応じて自分自身の呼吸のコントロールをするということでもあります。

 

ですので、シークエンスをしながら呼気と吸気を常にコントロールしながら行うことが重要ということになります。

 

呼吸をコントロールしないヨガはただのエクササイズです。

 

呼吸とともに動くことで精神状態が変化するという経験をすることが出来ます。

 

私の場合は、バレエやダンスの際にも呼吸をコントロールしておりますので、息が上がりそうな時も呼吸は出来る限り意識しています。

 

踊りに合わせて呼吸を使うことで表現力もより豊かになります。

 

ただ、慣れていないと呼吸が自分の身体にどのような影響を及ぼしているのかを感覚的に理解できないと貧血になったりテンションが上がりすぎたりしてしまう可能性もありますので、初めて~慣れるまでは経験者の指導のもとで行うことが望ましいです。

 

瞑想を実践して マインドフルネス

 

ヨガの瞑想はアメリカで科学的な視点に基づいて研究がされております。

 

“マインドフルネス瞑想”と呼ばれています。

 

瞑想をする際、“今”を意識することから始まります。

 

私たちは普段未来でも過去でもなく今を生きています。

 

しかし、思考の中ではいつまでも過去思考になってしまうことや未来志向になってしまうことがあるのではないでしょうか。

 

“今”を意識することは簡単そうですが思っているほどに意識は出来ていないのではないでしょうか?

 

瞑想をしながら“今”に意識を持っていく際は、呼吸や周りの風や雨、木の音などから“今”を感じることが出来ると思います。

 

しかし、いざ瞑想をしてみると、会社のことや対人関係の悩み、やらなければならないことや嫌なことなどの記憶が浮かんできたりします。

 

このような勝手に浮かんでくる思考のことをヨガではモンキーマインドと呼び、心理学では自動思考と呼ばれています。

 

私たちは考えたり見たり感じたりするものを変えることが出来ます。

 

ですので、いつも不安や嫌な思考を認識する場面で、自分のバックを持っている手に集中して呼吸に意識を向けることや木を眺めて木の動きに注目するなど“今”に意識を持っていくことで何かしらの変化が起きるといわれています。

 

しかし、私たちはすべてをコントロールはすることは出来ません。マインドフルネス瞑想では、私たちは普段目標などをもって何かを達成しようとするが、実は何もかもコントロールすることはできないということも教えてくれます。

 

その現実を受け止めたうえで、自分の出来ることを探します。

 

マインドフルネス瞑想でのネガティブ思考との付き合い方

 

ネガティブな思考を瞑想中に認識することがあると思います。

 

その時にネガティブな思考であることを否定する必要はありません。

 

そうゆう考え方があるということを観察しましょう。

 

この考え方はダメだとか、考えてはいけないと思っても、思えば思うほど思考に引っ張られてしまうでしょう。

 

そんな時は、「~と私は考えている。」とまるで他人事のように思考を観察し続けてみましょう。

 

マインドフルネス瞑想を通じて思考と向き合うようになると、思考はただの思考であることが理解できるようになります。

 

楽しい感情も悲しい感情も思考を通じて身体に影響を及ぼし、その逆ももちろんあります。

 

慣れてくると自分の思考と距離が出来、いかに思考にコントロールされていたかということが理解できるようになります。

 

このように瞑想によって自分の思考との付き合い方を自分自身で決めることが出来るようになります。

 

このように思考と向き合うだけでなく、思考をより良い使い方をすることによって私たちは幸せを感じる瞬間を大いに楽しむことも出来るようになります。

→幸せについてマインドフルネス瞑想とコーチングの視点からへ続く

Sponsored Link

\ SNSでシェアしよう! /

軽井沢ジェンヌ 中沢恵璃香 宝塚歌劇団出身:谷みずせの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

軽井沢ジェンヌ 中沢恵璃香 宝塚歌劇団出身:谷みずせの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!
Sponsored Link

ライター紹介 ライター一覧

中沢恵璃香 軽井沢ジェンヌ 芸名:谷みずせ

中沢恵璃香

4歳から小島恵美子バレエ教室にてバレエを始める。

小学校3年生から、KIEミュージカルスクールにて、バレエ・ジャズダンス・声楽・日舞・演劇等を学び始める。

2018年4月 宝塚音楽学校入学

2000年3月〜2009 年5月 宝塚歌劇団出身 谷みずせ (男役)

その後の活動

司会・トークショウ・モデル・ディナーショー(構成・演出)・ラジオパーソナリティ・企業研修他

2014年6月〜2016年5月SBC信越放送 3時は!ららら 「温泉ジェンヌ」 レギュラー出演

講師

2010年 バレエ・シアターダンス

2011年 YOGA

2011年 全米YOGAアライアンス 取得

2012年 YOGAバレエ(独自で考え提案)

2016年度卒業 早稲田大学院(臨床心理学 専門は行動分析学・認知行動療法)

12月 パフォーマンス・エンハスメント・コーチ開始

〜コチーングを受けた人の感想〜

・話を聞いてもらい心がすっきりしました。「がんばる」という言葉があまり良くないということ、楽しんでやっていけることを見つけて自分で取り組んでいくことが大事だと気づきました。次会うときまでに結果を出せるように楽しみながら取り組んでいきます。ありがとうございました。

・今日もありがとう。コーチングのイメージが全然違ってとても入りやすかった!自分がやりたかったことは明確になったけどストレスが全くないのはえりかちゃんのトークか?もっていき方?だと思った。本当に負担を感じず受けることができました。

・接しやすのでなんでも話せる所が最高に良かった。

・隣にいるだけでポジティブなマインドに何か引っ張られている気になる。

・何より楽しい時間になった。楽しい時間にしてくれた?

・会話の中に自分が考えることのない考え方がいくつもあって、発見!?気づきをもらえた。

・えりかさんのコーチングを受けて自分の心の持ちようが変わっていくのを感じました。また、自分の悩みの小ささを実感したことで「こんなことぐらいで・・・」という思いが強く生まれました。前を向いて、心に正直にやるべきことをやっていく、そういった気持ちをもらえました。できなかったことを考えるのではなく、できたことを積み重ねて、自分が決めたゴールに向かっていきます。今日から1、2ヶ月後が楽しみです。本当にありがとうございました。

〜お問い合わせはこちらから〜
LINEのID : @nqr7905r

この人が書いた記事  記事一覧

  • 元宝ジェンヌ主催 港区で楽しい週末 大人の社交パーティー

  • 天皇皇后両陛下 軽井沢にて

  • 元宝ジェンヌの夢を叶える美容マインド!!

  • セルフコーチングとは?コーチが解説するビジネスや恋愛が結果的に上手くいく方法

関連記事

  • 日常生活で行えるネガティブな思考との付き合い方 心理学とコーチングの視点から

  • 変われない自分にさようなら!変わりたい方の自己実現への第一歩 マインドフルネスの視点から Erika’s mind

  • ヨガ 始めての体験アーユルヴェーダのシロラーダでリラックス シークエンスと一緒に バリニーズ アーユルヴェーダ 銀座 代官山 サロン ~ 体質を知る 3つのドーシャ ヴァータ ピッタ カパ ~

  • コーチング 心理学 マインドフルネス からのサポートについて

  • 夢は自分の思考次第で現実になる〜夢を叶えるための思考の使い方〜

  • マインドフルネス瞑想 ヨガ 幸せはずっと続くものではないが幸せを感じることは出来る コーチング的な考え方 クリストフ・アンドレの著書について