1. TOP
  2. 海外旅行
  3. ツアーで行くフランス旅行 パリ シャトー モンサンミッシェル オンフルール ノルマンディ エルメスの競馬場 シャンティ Paris ディズニーランド モネの家・庭園!! フランスの歴史〜ベルサイユ宮殿とシャンティー城 マカロン クレームシャンティ

ツアーで行くフランス旅行 パリ シャトー モンサンミッシェル オンフルール ノルマンディ エルメスの競馬場 シャンティ Paris ディズニーランド モネの家・庭園!! フランスの歴史〜ベルサイユ宮殿とシャンティー城 マカロン クレームシャンティ

 2017/10/12 海外旅行
この記事は約 17 分で読めます。 123 Views

4回目の海外旅行!!

Sponsored Link

オンフルールからノルマンディへ

 

私はお城が大好きでした。

 

ですので、お城に行ってみたいと思っておりました。

 

そこで、今回は初めての!!個人旅行ではなくツアーに参加してみることにしました。

 

“モンサンミッシェルとシャートー巡り(特にロワール!)”へいざ出発!

 

パチパチ(^―^)V

 

感想は楽~!!

 

ツアーですのでついていくだけでした。

 

飛行機でシャルルドゴール空港に到着すると、添乗員さんがお出迎えしてくださいました。

 

全く知らない方々に囲まれて、何も気にせずただついていくだけでいいんです。

 

ただ、1つ不満があるとすれば自分のリズムでゆっくり観光はできないことぐらいでしょうか?

 

まずは、レンヌ周辺を通ってオンフルールへ!

 

おお!!絵描きさんがいる!素敵な街。

 

そして、ノルマンディ!

 

この当時は素敵!お城の気分で観光しておりましたので、戦争の名所に不思議な気持ちになりましたが、帰りはケーキを食べ歩きしながらフランス人気分で帰ってきました。

 

モンサンミッシェル

 

そして、ついに来ました!!

 

“モンサンミッシェル”です!!

 

私の中では素敵なお城!!のイメージでした。

 

ところが(・・;)ついてびっくり!

 

修道院ではないですか!!

 

あら?豪華じゃない。

 

下調べを全くしていなかったので仕方なかったのですがしばらく現実をうけいれることができませんでした。

 

・・・あ!!天使ミカエル!!

 

厨房は大きくて、良く映画などで出てくるような小さなお庭があって。

 

市内からこんな離れていてすごく大きな修道院。

 

生活を想像してみましたが、私にはちょっと想像しきれませんでした。

 

西洋の宗教の大きさに触れた気がいたしました。

 

そしてあの有名なオムレツ(><)!

 

まぁ普通(・・)すみません。

 

ただ、海岸沿いの端のほうに、こんなに大きな建物と町が存在していることに驚いてしまいました。

 

宿泊はモンサンミッシェルの見えるホテル。

 

早朝にみたモンサンミッシェルも凄く素敵でした。

 

海に浮かんでいるようなモンサンミッシェルは、最高に素晴らしくうっとりしながら眺めておりました。(FF ファイナルファンタジーのようなロールプレイングゲームが好きなので、そんなゲームの想像なんかもしてしまって・・・より好きな感じがしてしまうのだと思います。→心理学でいうところの関係性フレーム理論ですね!!)

シャートー巡り(特にロワール!)

 

というわけでフランスですからワインですよね!!(^^)

 

お昼にシャトーワインを頂いてシャートー巡り開始でした。

 

シャンポール城は2回目になるのかな?

 

左右対称であったり、外観は対象に見えているのに内装は全く違ったりと楽しい建物でした。

 

お花が綺麗に飾ってあるお城などいろいろあったのですが、アンボワーズ城でお聞きしたナイフとフォークについてお話ししたいと思います。

 

ナイフとフォーク。

 

実はご飯を食べるときの具材を切る機能以外にも、敵が急に来た時などに本物のナイフとして使えるのでごはんの際はナイフとフォークを使用するそうです。

 

今とはちょっと違った考え方ですね!

 

そして老後レオナルドダヴィンチが晩年を過ごした場所としても有名です。

 

そして夜はシャトーホテルに宿泊!!

ワインのちょっとした雑学

 

フランスはとにかくワインがおいしい(><)!!

 

本場ですからコストも安定していました。

 

良く日本に売っているワイン、シャトーワインは有名ですが、本場で飲むと気分だけで最高に酔わせてくれます!!

 

さらに美味しい!!極楽~

 

防腐剤も入っていないので身体にも優しいです。

 

フランスでは、ワインを飲んで残った際にはそのまま置いておいてビネガーにするんです。

 

日本では、防腐剤が入っているのでビネガーにはなりませんが・・・

 

お友達と一緒にパリのディズニーランドへ

 

そして、なんとツアー中に同じツアーの方とお友達になってしまいました。

 

何だか笑い話が好きな私は、海外でも良く笑っていました。

 

もちろん笑いの内容はひじょーにくだらない内容ですが・・・。

 

そして、そのお友達とパリ市内に帰ってきてから遊びに行こうという話になりました。

 

友人2人は次の日にディズニーランドに行く予定だというではありませんか!!

 

いいなぁ~と話しているとなんと一緒にいかがかとお誘いされまして、フランスのディズニーランドに遊びに行くことになりました。

 

楽しみ!!楽しみ!!楽しみ!!

 

ということで、4回目の海外旅行ではフランスのディズニーランドに行くことになりました。

パリのディズニーランド(^^)V

日本との違い!!

 

日本との違いで一番違和感を感じたのは、大人が楽しんでいるごく普通の日本イメージのディズニーランドとは違い、子供が楽しむ為のテーマパークであったこと。

 

しかも、あまり混んでいないこと。

 

日本では凄く楽しい場所で、女性であれば誰もが行きたいようなイメージのある場所。

 

パリではちょっとイメージが違った。

 

大人の女性はあまり来ないらしい・・・。

 

しかも20〜30分程度の待ち時間で乗り物に乗れる。

 

そして日本に比べて敷地が狭かったような感じがしました。

 

あれ??

 

写真を撮っている人があまりいない(・・)?

 

観光できているので、ディズニーランドですし!と思って写真撮影をしていました。

 

あ!!シンデレラ発見(^^)

 

あまり混んでいないし一緒に撮ってもらえたらいいなぁと近寄って行きましたが、何か違う・・・。

 

当時(2004年ぐらい?)、日本の子供達はキャラクターと一緒に写真を撮ることが主流でしたが、フランスの子供達はサインをもらっている!!

 

サイン帳を買って、それぞれのキャラクターのサインを集めていました。

 

先日、日本のディズニーランドでもサインをもらっている方がいたので、日本もそんな文化が入ってきたのかなと感じました。

 

乗り物へGO!!

 

一番好きなのはカリブの海賊ですのでこれだけは乗って帰らなきゃと思っていました。

 

ディズニーシーにある一回転する乗り物「レイジングスピリッツ」。

 

当時、日本のディズニーランドやディズニーシーの乗り物はあまり怖いイメージはありませんでした。

 

えっ・・・パリのディズニーランドの乗り物は1回転するのか・・・と一気に乗りものに乗るのが怖くなってしまいました。

 

もちろん乗りましたが、回転系ジェットコースターの乗り物は乗ったことがなかったので、怖かったぁ(><)

 

ホーンデットマンションにも行きました!!

 

あれ、日本と雰囲気が違う(・・)?

 

どうやら家主さんが違ったようです。

 

日本の家主は男性ですがそれに対して、パリの家主は女性でした。

 

もちろんお家の中も違うのでホーンデットマンションに来ているような、違うような・・・不思議な感じがいたしました。

 

感想はどちらも好き!!

 

そして最後は!?カリブの海賊です。

 

全体の流れを把握していないので、中間あたりで急に降下したりしますと妙なドキドキ感が・・・

 

先がわかっていないアトラクションは意外と怖いものですね・・・

 

その後、カリブの海賊に面しているカフェで、カリブの海の感じを味わいながら夕食を頂きました。

 

記憶が正しければ、そこでバイトしていたスタッフの方がジョニーデップさんとお友達だったとかなんとか。

 

とのお話を聞いて、パイレーツ・オブ・カリビアンの主役のジョニーデップさんのお友達にお会いできて満足!大満足でした。

 

フランスに夜がない!?

 

むかーし、むかし、私が小学生の頃の学校帰りにバイクが私の横を通り過ぎました。

 

昔の暴走族?の洋服の特攻服ってご存知でしょうか?

 

確か紫色だったかな?

 

記憶が定かではないのですが、背中に白夜と書かれたカッコイイイケメン(イが多いなぁ笑)のお兄さんがバイクで通り過ぎました。

 

そう白夜です。

 

フランスなどでは、夜なのに空が暗くならず明るいままの期間がしばらくあります。

 

ディズニーランドは楽しかったので閉店間際まで遊んできたのですが、夜10時になっても明るいままでしたので時間を忘れて遊んでいました。

 

白夜では、夜なのに昼間みたいに外が明るいので、自分で時間管理をしないと体調を崩してしまう方もいるそうです。

 

春、5月ぐらいかな?

 

行かれる方は、特攻服のお話を思い出しながら体調管理をしてもらえると嬉しいです。笑

 

モネの庭園にも行ってきました。

モネのお家とモネの庭園

 

パリの郊外にあるジベルニー村。

 

印象派で有名なクロード・モネ。

 

睡蓮の絵はあまりにも有名ですが、こちらの睡蓮のモデルとなった風景はモネのお家の庭園にあります。

 

こちらのお家に行った時期は5月でしたので本当に良い時期だったと思います。

 

この時期に行くことをお勧めいたします。

 

モネのお家に日本文化!?

 

まずはモネのお家の見学です。

 

フランスのお家は素敵だなぁなんてワクワクしながらお家に入って驚いたのが、

 

浮世絵が飾ってあったことです。

 

モネは日本文化を愛していたそうです。

 

富士山の浮世絵など日本でもなかなか沢山の作品をまとめて観られる機会はないような気がするのですが、モネのお家にはありました。

 

今は英語が通じるフランス。

 

当時は英語で話しかけても、英語を話せてもフランス語でしか返答しないような雰囲気もありました。

 

初めてのパリの旅行で、薬局に行って買い物をした際に英語で商品を尋ねたら全く説明をしてくれなかった・・・なんてエピソードもありましたので・・・

 

フランス人はフランス一番の精神がさぞ強いのだろうな・・・なんて思っていました。

 

ですので、100年程前にモネが日本文化を愛していたんだなぁと思ったら、日本人であることに胸を張ってお家の観光ができました。

 

モネの描いた絵などを拝見して、こんな素敵な場所で過ごしていたんだぁとモネの過ごしていた日々を想像しながら歩いて回りました。

 

可愛らしいフランスのお家を拝見しまして、

いざ睡蓮へ!!

 

あの有名なモネの絵が描かれた場所!!

 

わぁ!!

 

お花が綺麗!!

 

睡蓮に行くまでの間もお花畑が綺麗で、踊りたいような気分になりました。

 

で、話は変わりますがここでのオススメはシードル

 

リンゴの炭酸ジュース=シードル、こちらモネのお家の前で売っていますので是非オススメです。

美味しいフランスの田舎のフランスパン

 

さて場面は変わり、シャンティー城へ!!

 

こちらのお城へ向かう途中、教会で開催されていたマルシェ的な?なんだったのだろう?でフランスパンを購入!!

 

小麦の味が違う?もっちりしていて柔らかくてフランスパンのパリパリ感がない・・これぞ本場のフランスパン!!

 

田舎で買うフランスパンは格別に美味しかったのを思い出しました。

 

その後、どこで食べてもあの味は見つかりませんでした。

 

もう一度ぐらいは食べたいな・・・

 

田舎に行った際にはフランスパンを是非お試しください!!

 

エルメスの競馬場は社交場

 

パリへ北に40km、シャルルドゴール空港から車で20分のところに移動。

 

さぁ!!シャンティー城へ到着!!

 

オオおおおおおおおおおおおおおお!!競馬場!!

 

素敵!!

 

こちらあの有名ブランドのエルメスの競馬場です。

 

ご存知でしたでしょうか?

 

エルメスと競馬場??

 

エルメスのバックを使用しているのに知らない方に良くお会いするのですが、馬のマーク!!実はこの競馬場こそが社交場なのです(^—^)

 

少し昔の映画に良く出てきますよね!!

 

おしゃれをして、男性はタキシード、女性はドレスを着て競馬の見学です。

 

日本ですとおじさんたちがお金儲けに新聞片手に競馬を楽しんでいるイメージがありますが、フランスではおしゃれをしてお出かけする社交場です!!

シャンティ城

 

そして競馬場のすぐ近くにあるのは、ニコラ・フーケが初代主人を務めたシャンティー城です。

 

こちらは凄く素敵なお城です。

 

綺麗な家具や食器がそのまま残されているのです。

 

昔ながらのペンで書かれた大きな本が置いてあり、絵画も素敵な絵が飾ってあります。

 

理由は、ニコラ・フーケさんにあるということです。

 

こちらの説明↓

歴史*シャンティ城とベルサイユ宮殿の関係について

 

フランスの歴史を少し紹介いたします。

 

ベルサイユ宮殿とシャンティー城とクレームシャンティそしてなぜかマカロン。

 

ニコラ・フーケが初代主人を務めたシャンティー城とベルサイユ宮殿についてお話しいたします。(旅行で聴いたこと・いろんな本を読んだ結果の記憶ですので間違っていたらすみません・・・)

 

フーケさんは、宝塚歌劇団の舞台で良く登場するマザラン枢機卿に使えていました。

 

時代はフランス革命より少し前のルイ14世の時代になります。

 

フーケさんは凄くお金を稼ぐことが上手だったそうです。

 

周りの方はフーケさんになかなか意見を言えないほどに権力を持っていたそうです。

 

このシャンティー城ですが行ってみると実に綺麗な状態で家具などが残っています。

 

しかも、見たことのある家具がある・・・

 

不思議でした。

 

こんなに綺麗な状態で保存されている家具があるのに日本人はシャンティー城についてほとんど知りません。

 

また、ブランドが好きな方もエルメスを持っていても、なぜエルメスが素敵なのかを知らないことに数年不思議で、不思議で・・・

 

良さを知らずに使っているんだろうなぁといつもブランドバックを持っている方を見るたびに思います。

 

シャネルの歴史や映画も沢山出ていますが、シャネルを知って愛して使用している人って少ないですし・・・・

 

私は映画とか歴史とか好きなので(^—^)笑

 

エルメスが世代を超えて世界中で愛されるという原点は、上品なシャンティー城とエルメスの競馬場にあるのですね!!

 

そう!!シャンティー城の内装はおしゃれで本当に素敵なお城。

 

このお城に来たルイ14世が素敵なお城に嫉妬したことでベルサイユ宮殿を建てることを決めたそうです。

 

ピンと来た方はもうお分かりかと思いますが、ベルサイユ宮殿と同じ家具が、シャンティー城では綺麗なまま存在しています。

 

同じものを使用したのですから。

 

ベルサイユ宮殿にある家具はちょっと古い感じがするのは、実際に使用した期間が長かったからではないでしょうか。

 

家具の保存状態が良く、ベルサイユ宮殿にあった家具は使用していた当時この状態であったという状態で見ることができました。

 

シャンティ城を建てた方々を、ベルサイユ宮殿を建てるために収集したそうです。

 

しかし、フーケさんは嫉妬をかいすぎてしまい・・・最後は幽閉されてしまいました。

 

この幽閉こそが、その後のフランス革命に繋がったのではないかって妄想したりして・・・

クレームシャンティいついて

 

クレームシャンティといお菓子がありますが、こちらのお菓子のシャンティーという名前がこちらのお城に由来しております。

 

フーケさんのパティシエは、それは、それはお料理が上手だったとか!!

 

パリには生クリーム専門店があります。

 

http://www.maisondelachantilly.com

 

美味しそうですね!

 

また、シャンティィ競馬場はフランス国内の競馬のトレーニンクセンターらしいです。

 

引用:https://ja.wikipedia.org/wiki/シャンティイ

 

マカロン!!について

 

私の一番好きなお菓子、マカロンもフランスのお菓子で有名です。

 

マリーアントワネットの愛した?マカロンタワーもフーケさんのパティシエが作られたのが始まりだとかなんとか・・・

 

そんな私も大好きなマカロンですが、パリジェンヌは通りすがりにちょっとお店によって食べ歩きをするのをご存知でしょうか?

 

私も行きましたよ!!

 

日本でも好きで行くお店のマカロンを、パリの街でできたてをいただきました。

 

えっ・・・味がぜんぜん違う・・・美味しすぎる!!

 

はぁ・・美味しすぎてため息が出てしまうほどです。

 

柔らかいので、日本で食べる少しサクサクした感じとはぜんぜん違います。

 

しっとりとした触感。

 

~マカロンのお店はこちら〜

 

ダルロワイヨは比較的よく見かけますね。

 

ベルサイユ宮殿ではラデュレ。

 

ベルサイユ宮殿の中に本店があります。

 

こちらのお店も銀座三越に入っておりますが、今では待ち時間が・・・

 

私の一番のお気に入りは、

 

PIERRE HERME PARIS  です。

 

現在では、こちらのお店は日本でも何店舗かあります。

 

フランスに行かれた際には、歩きながら食べることができますので是非お立ち寄りをお勧めしております。

 

その場でいただいてください。

 

歩きながら食べるのがいきですよ!

 

あぁ・・・食べたいなぁ。

 

https://www.pierreherme.com/

 

→ウィーン旅行へ続く

Sponsored Link

\ SNSでシェアしよう! /

軽井沢ジェンヌ 中沢恵璃香 宝塚歌劇団出身:谷みずせの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

軽井沢ジェンヌ 中沢恵璃香 宝塚歌劇団出身:谷みずせの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!
Sponsored Link

ライター紹介 ライター一覧

中沢恵璃香 軽井沢ジェンヌ 芸名:谷みずせ

中沢恵璃香

4歳から小島恵美子バレエ教室にてバレエを始める。

小学校3年生から、KIEミュージカルスクールにて、バレエ・ジャズダンス・声楽・日舞・演劇等を学び始める。

2018年4月 宝塚音楽学校入学

2000年3月〜2009 年5月 宝塚歌劇団出身 谷みずせ (男役)

その後の活動

司会・トークショウ・モデル・ディナーショー(構成・演出)・ラジオパーソナリティ・企業研修他

2014年6月〜2016年5月SBC信越放送 3時は!ららら 「温泉ジェンヌ」 レギュラー出演

講師

2010年 バレエ・シアターダンス

2011年 YOGA

2011年 全米YOGAアライアンス 取得

2012年 YOGAバレエ(独自で考え提案)

2016年度卒業 早稲田大学院(臨床心理学 専門は行動分析学・認知行動療法)

12月 パフォーマンス・エンハスメント・コーチ開始

〜コチーングを受けた人の感想〜

・話を聞いてもらい心がすっきりしました。「がんばる」という言葉があまり良くないということ、楽しんでやっていけることを見つけて自分で取り組んでいくことが大事だと気づきました。次会うときまでに結果を出せるように楽しみながら取り組んでいきます。ありがとうございました。

・今日もありがとう。コーチングのイメージが全然違ってとても入りやすかった!自分がやりたかったことは明確になったけどストレスが全くないのはえりかちゃんのトークか?もっていき方?だと思った。本当に負担を感じず受けることができました。

・接しやすのでなんでも話せる所が最高に良かった。

・隣にいるだけでポジティブなマインドに何か引っ張られている気になる。

・何より楽しい時間になった。楽しい時間にしてくれた?

・会話の中に自分が考えることのない考え方がいくつもあって、発見!?気づきをもらえた。

・えりかさんのコーチングを受けて自分の心の持ちようが変わっていくのを感じました。また、自分の悩みの小ささを実感したことで「こんなことぐらいで・・・」という思いが強く生まれました。前を向いて、心に正直にやるべきことをやっていく、そういった気持ちをもらえました。できなかったことを考えるのではなく、できたことを積み重ねて、自分が決めたゴールに向かっていきます。今日から1、2ヶ月後が楽しみです。本当にありがとうございました。

〜お問い合わせはこちらから〜
LINEのID : @nqr7905r

この人が書いた記事  記事一覧

  • 元宝ジェンヌ主催 港区で楽しい週末 大人の社交パーティー

  • 天皇皇后両陛下 軽井沢にて

  • 元宝ジェンヌの夢を叶える美容マインド!!

  • セルフコーチングとは?コーチが解説するビジネスや恋愛が結果的に上手くいく方法

関連記事

  • ハワイ留学した軽井沢ジェンヌがお伝えするハワイの観光スポット ワイキキ ハワイ行きの飛行機 ハワイの観光 ホノルルといえばワイキキ Waikiki Aquarium (ホノルルのワイキキ水族館)  ホノルルでサーフィン

  • 初めての海外旅行 NY(ニューヨーク)*NSYNC(インシンク)BDC(ブロードウェイ ダンス センター)ブロードウェイミュージカル観劇 

  • 宝塚歌劇団の雪組同期生と海外旅行 グアム

  • バルセロナ ガウディの街

  • フランス・パリとイギリス・ロンドン 牡蠣で食中毒? Tower of London セント ポール大聖堂 ベイカーストリート シャーロックホームズ フィッシュアンドチップス 

  • 年末年始のウィーン旅行 Vienna 2 シェーンブルン宮殿 ベルヴェデーレ宮殿 グスタフ・クリムト シシィ博物館(エリザベート) 宮廷銀器コレクション St. Stephen’s Cathedral (シュテファン大聖堂)