1. TOP
  2. コーチング
  3. コーチング 私のゴール設定と現状について マインドの使い方 YOGAでのイメージ瞑想について

コーチング 私のゴール設定と現状について マインドの使い方 YOGAでのイメージ瞑想について

 2018/01/11 コーチング ヨガ
この記事は約 9 分で読めます。 157 Views

私のゴール設定と現状について

 

最近、目の前のしたいことに集中しています。

 

不思議ですが、今も明日はお仕事で朝早いので寝ようと思っているのですが何故か書いています。

 

コーチングでゴール設定をしたら、今既にそうなっていると考えることです。

 

最終的なゴールは小学生の時からずっと変わらないですし、これからも変わることはないので一生私だけの秘密です。

 

その前のゴールに「平和な世界」です。

 

そしてそのもっともっと前にいくつか設定してみました。

 

「内緒1」

 

これに関してはもう既に現実の中でのコンフォートゾーンになっているので多分実現するのがすぐなのだと思います。

 

なので、寝ていてもそのことがしたくて仕方なく、夜中に目が覚めていても経ってもいられないぐらい楽しい気分にさせてくれます。

 

「内緒2」

 

これは、少し前は人に話してしまって否定されてしまいました。否定されてもえっ??コーチングしっていたら出来るよ?と思っていました。

 

現実的に考えて現状に留まっている人であれば仕方のないことなのかもしれませんが、これについても既にゴールが見えてしまいました。

 

コーチングをしたらすぐに出来るのになぁと思ってしまいました。

 

もう既に動いておりますのでもうすぐに現実となっているでしょう。

 

「内緒3」

 

実は、これに関しては一番コンフォートゾーンの中にあったのに何故か遠ざけてしまったことを実感しています。

 

何故か分かりませんが何故かうまく行きません。

 

設定がちょっと大きすぎたのかなと思っていたのですが気が付きました。

 

自分の中で「内緒2」のゴールが達成したら、次のゴール設定と明確にしてしまっていました。

 

はぁ・・・気が付いたのが今。

 

自分らしくないので、今からこれも既に実現しているコンフォートゾーンにすることにしました。

 

「内緒4」

 

こちらも既にコンフォートゾーンにあります。

 

ただ、コンフォートゾーンにありすぎて別のゴール設定が強烈に強くなってしまった・・・そんな感じも致します。

 

ゴールの設定の仕方も色々と実体験することでゴール設定の仕方を学ぶことが出来ているというような状況です。

 

マインドの使い方

 

マインドの使い方で凄く面白いと思っているのが、苫米地さんの作り出している空間です。

 

コーチの方が沢山集まっているという空間です。

 

そして、「出来て当たり前」というマインドです。

 

確かに現状の外側にあるゴールに関してはそこに行くために色んな道筋があるのだと思います。

 

そして、“高いエフィカシー”というマインドに動かされるように好きなことをして、ゴール達成をしながら活動している姿を拝見しています。

 

そんな周りの方々を拝見しながらも、私は、あと数日はコーチングでも(補)というのがついているので何となく(補)という感覚になってしまい、(補)が終わってから活動すればいいかなと思っています。

 

その間は自分自身がコーチングの力を実感しながら使用して変化を楽しんでいるわけです。

 

楽しくて仕方のない毎日です。

 

お一人だけはコーチングでフォローをはじめました。(笑)

 

「コンフォートゾーンの作り方」という本の中に以下のような記載があります。

 

“マインドを変えない限り、過去が決めたあなたの考え方はコピーされ強化されることになります”By苫米地英人さん

 

このことについて最近気が付いたのですが、お家の中での会話がいつも同じだということです。

 

同じことを指摘してその反応が同じ反応、そしてその反応に対する反応が同じような結末と面白いぐらい毎日同じで、同じようなレコードをかけておいても誰も気が付かないぐらいに同じということに気が付きました・・・。

 

そして自分のメールの内容も同じ、同じ、同じ・・・。

 

なにこれ・・・。

 

一体同じ時間の繰り返しをどのくらい繰り返しているのだろうとドラマの怖いシーンを見ているかのように同じ行動をしている自分にも気が付きました。

 

でも、これって本を読んで気が付かなければ一生同じ行動の繰り返し。

 

そしてそれは強化されてしまう。

 

別に同じ毎日の繰り返しが悪いということではありません。

 

毎日同じことの繰り返しに安心感があって好きとか本人が望むのであればそれは凄く幸せなことです。

 

強化とは心理学用語で使用されている言葉だとおもいます。

 

例えば私、🍓いちごが大好きなのでいちごを食べると美味しいという反応をします。

 

この美味しいという反応を何度もしているといちごを食べるという行動が強化されます。

 

言語を使用しない場合、この行動の強化というのは連続して強化をされ続けますので、いちごを食べるという行動を今後もすることになります。

 

ただ、意図的にいちごを嫌いになることが出来るのは私たちに言語と思考を自分自身で使う能力があるからです。

 

心理学では、例えば抑うつのような思考において、“脱フュージョン”という療法を使用することでネガティブなワードとイメージを意図的に切り離していくような作業を行うというのがあります。

 

毎日の行動の強化によってネガティブなワードとイメージが日々のご自身の未来をネガティブな方向に引っ張っていきます。

 

その思考を変えるのが脱フュージョンです。

 

ただ、ネガティブなワードをではなくポジティブなワードとイメージで未来を変えていくことが出来るのがコーチングです。

 

ネガティブなワードとイメージを脱フュージョンしようとしているという現状ではネガティブなワードでイメージしてしまう作業が思考で行われてしまいます。

 

このような場合、未来はどちらかというとネガティブな自分の現状維持となってしまうことが考えられます。

 

ですので、自分でイメージをする際には抑うつが既に治っていることがまさに今であると考えながら日常の生活をすることが良いのです。

 

YOGAでのイメージ瞑想について

 

上記のことについて、以前面白い出来事がありました。

 

私はYOGAの講師をしています。

 

時々抑うつ症状を訴える方がいらっしゃいます。

 

私は当時コーチングのことは知らずに自己流でイメージトレーニングをしてもらっていました。

 

心理学で学んだ脱フュージョンをした後に、自分で幸せを感じる遊びをしているイメージして瞑想をしてもらいました。

 

じつは、この幸せな瞑想をしている方はしばらくするとYOGAに来なくなります。

 

しばらく良くなるみたいでした。

 

不思議でした。

 

そして、しばらくするとまた調子を崩してレッスンを受けに来られました。

 

次の時も同じことをしてみました。

 

結果は同じでした。

 

この時には気が付かなかったのですが、瞑想でイメージをする際にビジュアライゼーションをしていたということになります。

 

そして、抑うつという臨場感から抜け出したということでもあるのです。

 

日本の臨床心理学の領域での研究では、臨床ということもありあまりポジティブな研究はされていないようなイメージもあります。

 

ただ、近年ポジティブ心理学の研究ではポジティブ心理学を実践した著者がうつ病を改善したようなケースもあります。

 

ポジティブ心理学ではポジティブな思考が用いられています。

 

そこにイメージをのせて今既に完治していると思えば治ってしまうと考えられます。

 

いかにリアルな思考にするか!!ただそれだけです。

 

普通の人でも抑うつ症状は日常の中に存在しています。

 

状況によっては抑うつ状態になってしまうこともあるかもしれません。

 

しかし、抑うつ状態になった場合には出来るだけ、自分で分かった時点で他のイメージで未来を創りあげてしまうことをお勧めいたします。

 

一番分かりやすいのは恋愛ですかね。(笑)

 

女性は好きな男性がいるときには“こんなに好きな人に出会ったのは初めて!!もうこの人以外いない”という世界観の中にいます。

 

ところが別れるとなると切り返しが早い。

 

次の男性を見つけた瞬間にまた同じような感じです!!

 

“こんなに好きな人に出会ったのは初めて!!もうこの人以外いない”(笑)

 

一方、男性は別れる瞬間は凄く幸せですが、別れてからしばらくすると未練が始まります。

 

好きな人が出来ても実は前の彼女が好きというのは良くある話です。

でもいつまでも同じ世界観の中にいても仕方ないので、マインドの力を使って好きな世界を見るのがお勧めです。

 

Sponsored Link

\ SNSでシェアしよう! /

軽井沢ジェンヌ 中沢恵璃香 宝塚歌劇団出身:谷みずせの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

軽井沢ジェンヌ 中沢恵璃香 宝塚歌劇団出身:谷みずせの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!
Sponsored Link

ライター紹介 ライター一覧

中沢恵璃香 軽井沢ジェンヌ 芸名:谷みずせ

中沢恵璃香

4歳から小島恵美子バレエ教室にてバレエを始める。

小学校3年生から、KIEミュージカルスクールにて、バレエ・ジャズダンス・声楽・日舞・演劇等を学び始める。

2018年4月 宝塚音楽学校入学

2000年3月〜2009 年5月 宝塚歌劇団出身 谷みずせ (男役)

その後の活動

司会・トークショウ・モデル・ディナーショー(構成・演出)・ラジオパーソナリティ・企業研修他

2014年6月〜2016年5月SBC信越放送 3時は!ららら 「温泉ジェンヌ」 レギュラー出演

講師

2010年 バレエ・シアターダンス

2011年 YOGA

2011年 全米YOGAアライアンス 取得

2012年 YOGAバレエ(独自で考え提案)

2016年度卒業 早稲田大学院(臨床心理学 専門は行動分析学・認知行動療法)

12月 パフォーマンス・エンハスメント・コーチ開始

〜コチーングを受けた人の感想〜

・話を聞いてもらい心がすっきりしました。「がんばる」という言葉があまり良くないということ、楽しんでやっていけることを見つけて自分で取り組んでいくことが大事だと気づきました。次会うときまでに結果を出せるように楽しみながら取り組んでいきます。ありがとうございました。

・今日もありがとう。コーチングのイメージが全然違ってとても入りやすかった!自分がやりたかったことは明確になったけどストレスが全くないのはえりかちゃんのトークか?もっていき方?だと思った。本当に負担を感じず受けることができました。

・接しやすのでなんでも話せる所が最高に良かった。

・隣にいるだけでポジティブなマインドに何か引っ張られている気になる。

・何より楽しい時間になった。楽しい時間にしてくれた?

・会話の中に自分が考えることのない考え方がいくつもあって、発見!?気づきをもらえた。

・えりかさんのコーチングを受けて自分の心の持ちようが変わっていくのを感じました。また、自分の悩みの小ささを実感したことで「こんなことぐらいで・・・」という思いが強く生まれました。前を向いて、心に正直にやるべきことをやっていく、そういった気持ちをもらえました。できなかったことを考えるのではなく、できたことを積み重ねて、自分が決めたゴールに向かっていきます。今日から1、2ヶ月後が楽しみです。本当にありがとうございました。

〜お問い合わせはこちらから〜
LINEのID : @nqr7905r

この人が書いた記事  記事一覧

  • Ericaの詩

  • 北海道の旅(満喫)

  • 宝塚歌劇団出身の元タカラジェンヌがお伝えする35歳からの美容法

  • コーチングについて考える

関連記事

  • 自分のしたいことができない・・・

  • したいことをしよう!! 自由に生きる

  • コーチングについて考える

  • コーチングを取り入れた宝塚音楽学校受験にとって良い考え方

  • ヨガの基本 パタンジャリ ヨガの8段階の道について The Yamas(ヤマ) The Niyamas(ニヤマ)  プラナヤマ 呼吸について ところでヨガとは? 瞑想を実践して マインドフルネス マインドフルネス瞑想でのネガティブ思考との付き合い方

  • コーチング 自由 常識 フランツ・カフカ 門 思い込みという思考について